フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(ドーナツなツツジ) | トップページ | ねこつぶ(涼しいところ) »

2017年6月18日 (日)

ちび術後の病院

2017年5月29日に、ちびは、子宮蓄膿症で手術したものの、
その後も、体調不良だった。

覇気のない表情で、一日中、小屋にこもってひとり寝ている。

食事は、なんとか、‘もそもそ’といったふうに食べてはいたので、しばらく様子を見ていたが、
昨日、何度もえづいていて、挙動不審に陥っていた。

.

2017年6月18日、前回と同じやり方で、運よくちびを捕まえ、病院へ連れて行くことが出来た。

ちびの体重 : 3.25㎏ (前回3.35㎏) 

今日は食欲不振でほとんど食べてない。

Cimg3985k

「術後から具合が悪かった」と言ったら、「だいぶ日にち経ってるけど!?」と先生に驚かれてしまった。

病状を説明できないと、治療のしようがないと思うので、連れて来れなかったのだ。

下痢かどうか?と聞かれても、 放し飼いのノラ猫なので、私にはそこまではわからない。

耳をさわると熱があることがわかったので、抗生剤の注射が打たれた。

3週間前に手術したキズあとから先生は飛び出てる糸を切り取った。

『抜糸なし』とのことだったが、糸が全然、溶けてないのはどういうことだろう?

貧血のため、皮下点滴をして、明日から3日間、抗生剤の錠剤を一日一回与えることになった。

Cimg3984k

ネットの情報では、子宮蓄膿症になると、肝臓や腎臓が悪くなることがあるらしい。

子宮蓄膿症の治療が遅かったから、ありうると覚悟してきたが、
ノラ猫相手のせいか、血液検査はされなかった。

「血液検査してください!」と私が言えば、やってくれただろうが、
不治の病を知ったところで、なにも出来ないことは、
過去の経験からわかっているから、そのままにしてしまった。

治療費:

皮下補液 1500円
抗生剤注射 1200円
錠剤 (3日分) 750円
税 8%
合計3720円

このまま死んでしまうかどうかは、ちびの生命力しだい・・・。

Cimg3989 飼い猫マリアちゃん

ちびを外に放してしまったので、3日間分の薬を飲ませられないかもしれない。

2年前なら、3日間ぐらいだったら家の中に保護してたが、
最近は、母が嫌がって出来なくなってしまった。

歳を取ると保身になって、色々なことが怖くなるらしい。

今回の病院で、母は先生の声が聞き取れなかったり、場違いな行動しまくりだった。

なんだか、ここ数年で見わたせば、みんな、歳とったなぁ。

この先、野良猫を助けることは、ほとんどできないだろう。

今日の治療の時、先生はちびの歯を見て、歯垢の多さから、
「けっこう歳がいってる」とのことだった。

出合ったときには成猫で、そこから4年の付き合い。

さて、ちびはいくつなんだろう?

(おわり)

« ねこつぶ(ドーナツなツツジ) | トップページ | ねこつぶ(涼しいところ) »

✿くびわと愉快な仲間たち」カテゴリの記事