フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(2匹でお昼寝) | トップページ | ねこつぶ(怖いんだもん) »

2017年8月19日 (土)

もろもろな出来事・2

◆ 「決め手は、水止栓」 ◆ 2017.7.14

「だれか!助けてください!」

先月の、深夜11時すぎに、閑静な住宅内に、女性の叫び声が響いた。

何度も叫ぶその声は、近づいたり遠ざかったり。

私には、夫のDVから逃げ惑う女性の姿が目に浮かんだ。

緊迫した空気感に、無関係の自分も不安に襲われる。

声の出どころはどこだろう?

網戸を開けて外をのぞきこむと、
なんと、声の主は、斜め下の住人だった。

住民は、たしか老女の一人ぐらし。

いったい何が起こったというのか?

すぐさま、向かいのアパートの建物から、「どうなさいましたー?」と女性の声が届いた。

「水道が破裂しちゃってー!」と、老女。

「今いきまーす!」

必死で走ってくる女性のサンダルの音が反響して聞こえてくる。

‘どうなさいました?’なんてとっさに言えるもんじゃない。たいてい‘どうしましたか?’と言ってしまうだろう。

看護婦?介護士?きっと、なかなかの出来る人。

機転の速さと、走れる身軽さから、年齢30歳前後といったところか。

老女のとなりの部屋のリーダーシップな女性も出てきて、
2人でメーターボックスを開き、中のどこかしらにある止水栓を止めた。

聞えてきた話からすると、水道のハンドルがとれてしまい、
水が噴き出てしまったということらしい。

室内はどうなってしまてるのか、噴き出る、すさまじい水音は、
上の階で気をもんでる私の耳まで聞こえるほどだった。

続けて老女は、「水道修理に電話したけど、明日の夕方にならないと行けないと言われたの」と話した。

止水栓を閉める説明はなかったのだろうか?

私は、水道トラブルのCMを見るたび、「止水栓を閉めなよ」と思っていたが、
いざとなると、まごつくものだなと今回実感することになった。

止水栓は、アパートだと、メーターボックスの中にあって、
一戸建てだと、地中に埋まってる場合がある。

いままで一度も存在確認をしてなかったので、知識が混乱してしまったのだった。

次回こそは、助けに行こうと、怖気づいてしまった自分を反省した。

◆ 「あ~あ・・・」 ◆ 2017.7.17

ツレの両親とお墓参りに来たら、あ~あ、サンダルが、いきなり大破してしまった。

地表の厚さで接着剤が溶けたのかな?

Cimg4444g 底が外れた


Cimg4445g ヒモも取れた

姑のおごりで、ランチ。

刺身のつまの人参がうさぎの形。

Cimg4449k

◆ 「無口には理由がある」 ◆

毎日実家に行くのだが、ほとんと母との会話はない。

世間話や、身の上話、そんなの話す気もならないし、
どんなタイミングや気持ちの持ちようで、おしゃべりをすればいいのかわからない。

子供のころから、同じ家にいながら、母と何かを話し合った記憶がないのだ。

毎日私が実家に来て玄関を開けても、母は無反応で、たいていすわって何かをし続けている。

振り向くなり、なにかするのが普通だと思うのだが、態度に変化なく私に関心がないらしい。

最近では、たまに要件があって声をかけると、母は「ひぃ!!」と声をあげて飛び上がるようになった。

ずごく傷つく・・・。

周辺視野が見えなくてのことだと思って、正面から声をかけても母は同じ反応をするのだった。

私の声が大きいからだとか刺激的だとかいうわけではない。

川口春奈さんのような声をしてるので、母は聞き取れず、必ず3回は聞き返すくらいなのだから。

何をイメージして母は私を恐れてるのかわからないけど、
そういうわけで、私はますます口を閉ざすしかないのだった。

反対に、私の姉は、一日に何回も母に電話して来て、同じ話を繰り返している。

姉が実家に来れば、犬のように玄関まで迎えに行く。

対応が全然違う。

それはともかく、この頃の母は、頭が働かなくなってきてるようで、
言わなくてもわかるだろう?ふつうはそう考えるでしょう?ということができなくなった。

だから私が、「ちゃんと、こうしてね」と指摘しお願いするのだが、
「だって、お前が何も話さないからでしょう!!」とキレてくる。

前もって説明してても聞き流してしまうから、毎回、そういうことになる。

母は私に止めでも刺すかのように、
「お前が何も話さないからでしょ!!」をことあるごとに使う。

そこまでの私に対する負のイメージは何だろうと思う。

昔の職場でも「あんたがおしゃべりしないからだ!」と言われたことあるけど、
聞く気があるなら、話するけど。

会話の流れが小説的でながくなるけど、それで、良ければね。

(おわり)

« ねこつぶ(2匹でお昼寝) | トップページ | ねこつぶ(怖いんだもん) »

つぶやき」カテゴリの記事