フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月 1日 (金)

ねこつぶ(秋の空と二度寝)

2017年8月29日。

となりの空き室の玄関前に、くびわが、寝ていました。

1


2


3


4


5


6


7


8


9


10


11


12


(おわり)

2017年9月 2日 (土)

ねこつぶ(2つでひとつ)

2017年8月12日。

遊歩道に白猫がすわっています。

1_2


2_2


3_2


4_2


5_2

もう一匹いたら、よかったのにね。



アタックNo.1 (バレーボールのアニメ) の、八木沢三姉妹 (他のサイトから拝借)

Photo

足は、包帯だったか、サポーターだったか、ちょっと、記憶はあいまい。

(おわり)

2017年9月 3日 (日)

ちびの療養、箱の穴

※8月10日から自宅の中で、ちびを療養させています。

2017年8月17日。

室温25度、湿度85%。

クーラーがないので、冷たいタイルで涼めるよう玄関に配置しました。

外は30度くらいはあるので、家の中はまだまだマシなほうです。

Cimg5020

玄関前に、ちびの友達のくびわが来ていました。

姿を見れば少しは元気になってもらえるかな?と思って、玄関を少し開けてみた。

Cimg5021

無反応な、くびわ。

Cimg5022

無反応なちび。

Cimg5024

猫って、耳と鼻がいいのに、かなり近くまで来ないと気が付かない、といった鈍感さがある。

Cimg50243

この状態じゃ、くびわからは、ちびが見えなかったのかな?

猫の視力は、0.2で、75㎝までしか見えないと言うから、
ちょっと、遠すぎたのかもしれない。

それにしても、この箱のもともと開いてた穴、外がのぞけるいい場所にあるね。

(おわり)

2017年9月 4日 (月)

ねこつぶ(何かと思ったら)

2017年8月30日。

オッドが、メーターボックスのほうを気にしています。

1


2

くびわは、すぐ中に入りたがるので、困ります。

小さくてよく見えませんが、オッドのあきれ返った表情がいい味を出しています。

(おわり)

2017年9月 5日 (火)

ねこつぶ(あそぼうよ)

2017年8月23日

壁に突き出たところに寝ているオッドに、
甥っ子の子猫は、遊んでほしそうに見下ろしていました。

1


2


3


4


5


6


7


8


9


10


11

(おわり)

2017年9月 6日 (水)

もろもろな出来事・3

◆ 親戚が集う ◆

今年の2月のことだけど、夫の弟が九州の女性と結婚したので、
義弟は、お嫁さんとご両親をつれて、わが県に食事会をするためにやってきた。

そういった食事会というと、会話が飛び交い、
みんなして一つの話題で笑い盛り上がるといった感じになるものとばかりイメージしてたが、
現実はそうではなかった。

お嫁さんは、私から対極の端っこにすわり、姑からなにかひそひそと話しかけられている。

遠すぎて私のところまでは、単語ひとつ聞こえてこない。

もはや異国と思える九州の、おもしろ話が聞けると楽しみにしてたのに、
前回の食事会同様、静かな、つまらないものとなった。

姑は、ふだん通る大きな声をしているが、こうも会話が聞こえないとなると、
嫁チェックをしているのだろうと思う。

私の時も、そうだったからだ。

私が嫁ぐと決まったあたりから、デートの終わりは、夫になるツレの実家で夕食をすることになり、
食事しながら、姑はよく話かけて来てた。

その食事会は週末ごと、連続で5回繰り返され、何を話したかは覚えてないが、
私は、中年のおばさんとは、人生でほとんど会話をしたことがなかった結果、
「兄弟に男の子がいなかから、(あなたは))ダメなのね」という評価をもらったのだった。

結婚したあとでは、「食事に招かれたい」と、夫経由で、姑からいわれたので、
楽しい食事会になるかと思いきや、食べたらさっさと帰ってしまい、
ちゃんと食事が作れているかどうかを、確かめにきただけだと気づいて、
ショックに思ったものだ。

わきあいあいな家族関係を夢見ていたが、15年つきあって分かったのは、
結局のところ、姑は、血族しか信用できないということだった。

しかたがないことだけど、心が凍る。

そんなことから、姑の会話は、お嫁さんへの尋問なんだろうなと食事会の間、私は思って見てた。

その上、お嫁さんの両親に、姑と舅はまったく話しかけず、私には変な食事会に思えた。

だいぶ経ってから、夫に、「あの食事会は、もっと楽しめると思った」と言ったら、
「楽しませてもらえると思ったの?」という返しをされてしまった。

「いや、そうじゃなくて・・・」と言い訳したが、姑と舅の息子なだけあって、
私の言いたいことは伝わらなかった。

.

◆ 「風鈴がうるさい」 ◆

どこの子供がふざけてハンドベルを鳴らしてるんだろうと思ったら、風鈴の音だった。

その場所、洗濯物が飛ばされるほど、風があたるところなんだよね。

ひっきりなしに鳴っている。

しかも、住宅内に反響して大きく聞こえる。

最近の人は風情がなくなったと、とられるかもしれないけど、
昔の家は木々があり、木造だとか、下げる場所もそれほど風が入らないとかで、
さほど周囲まで響かなかったんじゃないかな?と思う。

さすがに、下げた家の人もうるさく感じたのか、半日で片づけちゃった。

子供が、なにかのイベントで作ったようだけど、家の中で楽しむしかないね。

Photo.

.

◆ 拒食症とリバウンド テレビ「仰天ニュース」2017年8月8日放送から 

< 拒食症の克服の流れ >

・些細なことで、発症。

・拒食症の人は、前頭葉が萎縮しているため、周りの人がいくら説得しても、心に届かない。

・体重年齢(体重と脳年齢は比例して、34kgに減った場合、
       10歳の平均体重34kgと同じだから10歳の判断力しかないということになる)

・太ることへの恐怖以上に、食べることへの恐怖がひどいから、食べることへの強要を周りはしてはダメ。

・おかゆなどの流動食は、治療的なので、拒否される。

・食事は一日700キロカロリーから、あせらず、食べ物と思わせない感じで与える。

Cimg4913 食べ物と思わせない食事

Cimg4915

Cimg4916 うまいなぁ

Cimg4917

・ながらく飢餓状態だった体は、「魔の過食期」を迎える。
 克服できるかは、この時期にかかっている。
 レモン水で、食欲を抑えよう

・過食期をこすと、食欲はおさまる

・ぽっこりおなかになる

・リバウンド期・・・飢餓状態だった体は、健康体重の10%の増加となる。

Cimg4918 無理なダイエットでもいえることだろう

・徐々に、元の体重に戻していく。

(おわり)

ねこつぶ(ひとくち分のごはん)

2017年8月31日。

オッドの双子の妹の子ども、はみ出しっ子くんが、我が家の玄関前に遊びに来ていました。

1


2


3


4


5


6


7


8


(おわり)

2017年9月 7日 (木)

ちびの療養(8月17日~30日)

訂正:「猫のちび、一向に回復せず」の記事に、誤りがありました。
      ‘5月10日・・・’などの箇所は、8月10日の間違いです。
      疲れてて頭が回らなかったのかもしれません

✲~✲~✲~✲~✲~✲~✲~✲~✲~✲~✲~✲~✲~✲~✲~✲~✲~✲~✲

さて、本題。

9 ちび

8月10日から、再び、自宅での療養となったちび。Photo_2

数日経っても一進一退、元気になりそうでいて、どことなく不調がつづいていました。

そして8月16日、あの発作がまた起こってしまいました。

頭を上にしてのけぞるといった、謎のけいれんです。

【けいれん】  百科事典マイペディアから
筋または筋群の不随意的な発作性収縮。四肢が硬直し首と背をうしろにそらす。
てんかん、尿毒症、伝染病、中毒、脳腫瘍、神経症などが原因。

病院で処方された薬を飲んだばかりだったので、
診察は、次の日にしました。

すぐに行ったところで、毎回、抗生剤の注射を打つしかすべがないのですから。
.

◆ 8月17日、病院へ ◆2

動物病院へ行くと、医者の見立てでは、てんかんではないかということでした。

でも、てんかんは、発作以外の時は元気ということですから、
ちびにあてはまりません。

ちびは、発作の前後数日間は、体を硬直し、つらそうにうずくまっているのです。

耳も反応しません。

21

25 起きてても音にも反応しません

私は甲状腺の病気ではないかと医者にいいました。

でも医者は、ある程度首のあたりが腫れないとわからないといい、
検査を東京に依頼しないとならないというのでした。

ふと、そういえば、かつて飼い猫アリスが甲状腺亢進症と誤診され、
ひどいめにあったことを思い出しました。

甲状腺の病気だとしたら、死ぬまでの長期戦になってしまいます。

とりあえず、ちびの耳がかなり熱かったので、熱を下げる抗生剤の注射を打たれ、
4日分の錠剤を処方されることとなりました。

また、口の中は、赤いただれがありました。

シロの口内炎ほどではありませんが、痛そうです。

猫の宿命らしいけど、つらいですね。

26 ちびの口の中の写真が撮れなかったので代わり

ちびの体重3.15㎏

治療費:

注射代 1200円
薬 (4日分) 1000円
合計2370円

次回までに、発作のときの動画を撮ってくるようにいわれました。

ちびの体を使って「こうなるんです」と再現してみたのだけど、
実情を見ないとなにかを感じ取れないようです。
.

◆ 8月21日、けいれん再び ◆

病院からのくすりが飲み終わらないうちに、また、発作がおきてしまいました。

のけぞりは、5秒ほどなので、カメラが間に合いませんでした。
.

◆ 8月22日、病院へ ◆

カゴに入れようと持ち上げたときも、一瞬、発作しかけました。

向きを変えるとおこるというのは、脳の問題なのでしょうか?

18

さて、診察。

体重3kg。 前回より0.15㎏減る。発作は体力を消耗するらしい。

4

原因がわからないため、、
5月の治療から3度目の血液検査がされた。

今回は、白血球の数とか、いままで調べてないところ。6

結果、異常は、ありませんでした。

5

血液検査では健康状態なのに、いったい、
どうしたというのでしょう?

あとは、疑わしいところは、脳。

脳になにかあるかどうかはMRIをとらなければ、わかりません。

その機械はこの病院にはないので、他の病院で診てもらうしかないといわれました。

しかも費用は、8万円ほどかかるだろうとのこと。

気持ちは、真っ青です。

薬を変えて、今度は、夕方に飲むものになりました。

こんどこそ、治って欲しいものです。

治療費:

注射代 1200円
くすり(6日分) 1500円
合計 2910円

血液検査代、おそらく2500円はタダにしてくれました。

.

◆ 8月23日 ちび、室内脱走 ◆

病院へ行った次の日の朝、驚いたことに、ちびが室内脱走していました。

なんと、押し入れの上段に入っていたそうです(by母談)。

いつもの(?)抗生剤の注射しかしてないのに、急に元気になったの?

そうして、なにが起こったのか、日ごとに元気になっていきました。

----------------------------------------------------------------------

◆  錠剤のやりかたのコツ(?) ◆

今回から、錠剤が夕方になったので、私も錠剤をやってみることにしました。

医師がやってるように、おでこを押さえて開いた口の奥に薬をおとしてみたけど、
全然うまくいきませんでした。

あごを押さえる間もなく、顔を振って、口から出してしまいます。

思い返せば、病院では助手が腰のあたりを押さえてた気がします。

2人がかりでないと、スムーズにいかないのかもしれません。

20

今度は、ねこ缶のゼリーをスプーンにのせて、その上に薬をのせるやり方をしてみました。

するりと飲んでくれるかと思いきや、
ゼリーごと口から出してしまいます。

かえって、うまくいきませんでした。

22

何度もやってると、錠剤も溶けていくし、
結局、やり慣れてる母に続きをやってもらいました。

母は、飼い猫アリスのときも薬をやっているので、手慣れています。

11 母が、クスリをちびに。

母のやりかたはというと、

まず、落ちた錠剤がどれだかわからなくなるので、
あらかじめ、落ちてる猫砂を掃除する。

逃げ道を失くすために、猫の背後にゲージなどの壁を置いておく。

薬をねこ缶のエサではさんで、口のわきから押し込む。

ということでした。

ま、一発で成功はしてませんけど・・・。

.

◆ 8月30日 ちびの解放 ◆

私が、午後2時に実家に来ると、
ゲージの中で、ちびが興奮したようすですわっていました。

そうしていつものようにエサを与えるも、ごはんどころじゃないといったかんじで、
落ち着かず、エサも半分しかたべません。

エサを食べないのは、ふだんなら心配ですが、
あまりにそわそわしてるので、外に出たくてしかたがないのでしょう。

どうやら、解き放つときが来たようです。

13

とりあえず、具合が悪い原因のひとつに、高熱があったので、
耳をさわって確かめることにしました。

が、耳に手を伸ばしたとたん、ボクサーのように、よけられてしまいました。

23

いままでになかった、機敏の良さです。

なんとかさわると、ひんやりしていました。

昨日まであった熱はひいていました。

玄関の外に、ちびを下しました。

Cimg5284

ちびは、へっぴり腰で、よたよたと、外の世界へ戻っていきました。

病気がぶり返しませんように、と祈るばかりです。

ちびの治療の記録:

2017年5月29日 子宮蓄膿症の手術 、46220円
      6月18日 貧血・脱水症状    3720円
      6月30日 ウイルス検査など  10630円
      7月20日 腎臓病検査など    7120円
      7月21日 日帰り入院       2910円
      7月22日 注射、クスリ      2100円
      7月25日 脱水症状        2700円
      8月17日 衰弱           2370円
      8月22日 衰弱           2910円

原因不明の治療に、かなりかかりました。

(おわり)

2017年9月 8日 (金)

ねこつぶ(子猫よ、帰りなよ)

2017年8月25日。

オッドの双子の妹のブルーの子どもの一人が、
遊びに来たまま、長居して帰りません。

オッドは心配して、帰るよう言いました。

1


2


3


4


5


6


7


8


9

(おわり

2017年9月 9日 (土)

療養のちびを解き放つ・前編

2017年8月30日。

8月10日から、家の中で療養していたちびを、
自然に返すときが来ました。

ちびは、それを察してか、朝から落ち着かず、鳴き続けています。

1p


2


3p


4


5


6


7

8

9

森に帰るのかな?

(つづく)

2017年9月10日 (日)

療養のちびを解き放つ・後編

一目散に、森へと帰るかと思われたちびは、
立ち止まって、物思いにふけっています。

20日にもおよぶ、室内療養で、自分が、どこにいるのか、わからないのでしょうか?

10


11


12


13


14


15


16


17m


18


19p


20p

ずっと寝たきりだったので、体力がなくなってしまったようです。

10日たった今日(9月9日)も、階段で足を踏み外して、こけていました。

人間と同じ、もとの体力が戻るまでは、時間が必要みたいです。


(おわり)

2017年9月11日 (月)

ちびの療養、(君、去りし後)

2017年8月31日。

自宅療養してたちびを解放した後の、飼い猫マリアの様子。

1p


2


3


4


5


6


7


8


9


10


11


12


13


ちび療養話、これにて、おしまい。

(おわり)

2017年9月12日 (火)

ねこつぶ(出前をお願い)

2017年9月10日。

ミケがひさしの上から、大声で鳴き続けていました。

1


2


3


4


5


6


7


8


9


10

実際に、ミケは、「ここまでごはんを持ってきて!」と鳴き叫んでいました。

世話する野良猫を増やしたくない母に追い立てられたので、下に来れなかったのです。

ミケは、近所の人が世話してる猫なので、もともと、うちとは関係ないのですが、ちょっとかわいそうかな・・・?


(おわり)

2017年9月13日 (水)

ねこつぶ(そこをトイレに?)

2017年8月31日。

※トイレの話。 食事中の人は、注意。

わが家の玄関前に遊びに来ている、
近所のノラ猫ブルーの子どもの「はみ出しっ子」くんが、
悲痛な声で鳴き続けていました。

寂しいなら、家に帰ればいいのに・・・。

1


2


3


4


5


6


7


8


9
※モザイクかけてみたけど、意外と形がでちゃうので、うんちイラストで隠しました。

10


11


12

飼い猫のマリアもそうだけど、用を足すだけなのに、
鳴き騒ぐときがある。

なんなんでしょうね?

さて、我が家の玄関前には、野良猫用に、土トイレを置いてたりする。

使う子もいれば、使わない子もいて、好みはそれぞれ。

はみ出しっ子君も、長い時間、わが玄関前に遊びに来てるので、
当然ながら、トイレに行きたくなる。

土トイレに興味をもってくれたみたいだけど、
気に入らなかったみたいです。

13


14

ちなみに、
ノラ猫ミケのおしっこする場所が変わっていて、
通路の排水溝。

15

家の中で飼っていたら、人間用の便器で用を足すタイプね、きっと。

(おわり)

2017年9月14日 (木)

ねこつぶ(夏休みの思い出)

2017年8月31日。

ブルー一家の、はみだしっ子くんが、またやってきました。

4匹兄弟なのに、なぜか、たったひとりで遊びに来ています。

他の子たちは、誰一人来たことがないのに・・・。

1_2


2_2


3_2


4_2


5_2


6_2


7_2


8_2


9_2


10_2

子猫は、この日、8月31日を最後に遊びに来なくなりました。

夏休みが終わったからかな?・・・ねんてね。

(おわり)

2017年9月15日 (金)

ねこつぶ(ちびと並んで)

2017年9月3日。

1


2


3


4


5


6


7


8


9


10


11

ちびを、8月30日に自宅療養から解放後、
こうして毎日、私を出迎えます。

病気を治してもらった感謝をあらわしてるんだと思います。

昔話であれば、つづら的なものがもらえるはずですが、
欲張りの結末は・・・なので、よしとしましょう(笑)

(おわり)

2017年9月16日 (土)

もろもろな出来事・4

◆ 列車内に、食事スペースがあったらなぁ 

今年の5月、夫の80代になる伯母が手術入院した時に、伯父夫婦には子供がいないので、
伯父の姉の’子ども’(仮名クニオさん)も付き添いに駆けつけた。

‘子ども‘といっても、60代にもなる男性で、
すらりとした長身の、老人とは思えないほどの若さをたもっていた。

彼は、2つとなりの県から、早朝の列車に乗って来たといい、
私たちが朝の8時半に病室に着いたころには、すでにいたから、
どれだけ早く家を出たのだろか?と思う。

2時間ほど経った10時過ぎ頃、伯母が手術室に入ったので、
私たちは、待合室で待つことにした。

のどは乾いていないが、私は、病弱な自分を気遣って、
「そろそろ、何か飲んだ方がいいですよ」とみんなにも声をかけた。

すると、クニオさんが、「私が買いに行きましょう」と言って、全部の支払いまでしてくれたのだった。

ふと見れば、邦男さんの分のドリンクが無い。

彼は、私の目線に気づいて、
「電車に乗る前に買ったものがあるので、いいんですよ」と、ほほ笑んだ。

彼は、みんなに気付かれないようにテーブルのはしにすわると、
バッグからドトールの紙袋を取り出し、
そそくさとサンドイッチとふた付きカップ珈琲を手早く食べたのだった。

電車に乗る前って、5時間くらい前ってこと・・・sign02 氷入りだったら、すでに薄まってるじゃん・・・。

きっと、電車の中で食べるつもりだったんだろうと思う。

そう、電車の中って、予想外にひと目が気になって飲食ができないのだ。
.

私は、17年くらい前の出来事が頭をよぎった。

当時、シャ乱Qが初めてわが県でコンサートをするというので、
自宅から列車で2時間離れた場所に姉と二人で行ったことがあった。

知らない場所で、7時半の開演だったと思うから、4時には家を出たんだと思う。

そして、コンサートは、9時すぎぐらいに終わり、夕食はどうしようか?と二人して悩んだ。

家までは、列車で2時間かかり、そこから乗り継ぐから、
家に着くのは、深夜の11時半すぎになるだろう。

11時なんて食事をするには遅すぎるし、
夜遅く出歩かない私たちは、早く帰りたかったので、
買ったマックは、その場で食べず、電車の中で食べることにしたのだった。

ところが、客はまばらしかいないものの、なんだか食べちゃいけない空気感。

せめてボックス席であったなら食べることもできたのに、
全面向かい合わせの席では、ひと目が気になって、ドリンクすら飲むことが出来なかった。

結局、家に帰ってから、冷めきったバーガーをほおばることになったのだった。
.

世間の多くの人たちは、「匂いが気になる」とか「マナー違反」とか文句を言ったりするけど、
長時間電車で移動せざるをえない場合、しかも、先を急いでて、時間が空いてるのが、
電車内だけしかなかった場合、車内での飲食は多めに見てほしいと思う。

そういえば数年前に何かで、
「列車の中で、レジャーシート敷いて、親子が食事しだして驚いた」という、
目撃者の話を聞いたことがあるけど、
彼らも理由があって、そこでしか食事出来なかったのだろうなぁと思う。

大昔の汽車の時代では、移動に時間がかかったから、
ボックス席で弁当などを食べるのは当たり前だった。

相席だったりするから、目の前の他人にも「みかん、どうぞ」と分け与えていたのは、
匂いへの配慮だったのかもしれない。

数十年前までは、寛大だった世間なのに、今の時代は少し、冷たい気がする。

そんなこんなで、ボックス席と小さなテーブルがあって食事が許されたらなぁと思う。

とはいえ、私は、電車には、数年に1どくらいしか乗らないのだけどね。
.

◆ ドアの鍵が折れたよ 

Cimg5133

この前、母から「鍵が折れて、鍵穴から取り出せない」と泣きの電話が私のもとにかかってきた。

おっとり刀で、実家に向かったが、やはり、私に出来ることはなかった。

折れた鍵の先は、鍵穴からまったく見えなくて、素人ではまったく無理だった。

母は、いそいで、3か所の鍵レスキューの会社に電話をかけ、
修理の相場は、8000円から15000円だといわれたそうだ。

私は修理に立ち会えなかったけど、
母の話だと、修理は、お金を用意してる数分で終わり、修理費は11000円だったということだ。

どうやら、鍵穴のシリンダーだけの簡単な交換だったらしい。

鍵穴シリンダー交換+鍵3個+出張修理費=11000円

賃貸アパートなので、鍵交換したらどうなるのかな?と心配に思ったら、
大家に新しくなった鍵を送ればいいとのことだった。

なるほど。

頑丈そうでありながら、鍵って折れるんだなぁと、新知識を得る。

また、ネットでは、自分での交換修理方法も公開されてて、ほんと簡単そう。

でも、男性ほどには、手先は器用でないから、知ったところで、やらないけど。
.

◆ 外国人がいう、サムライのイメージ ◆

現代の外国の映画関係者たちが、「侍ほど、孤独なものはない」という感傷的なイメージをいだいているのを、
ことあるごとに見聞きするたび、私は、疑問に思っていたが、
このたびようやく自分の納得いく答えに行きあたることができた。

彼らがいう「サムライ」は、きっと、
1962年に放映された邦画の「切腹 / HARAKIRI (腹きり)」だ。

Photo 中代達也主演、小林正樹監督

公開当時、世界に衝撃を与えたという作品。

内容は、
1631年頃の江戸時代。
戦争がなくなり、仕事にあぶれた地方武士たちが浪人となり、
生活に困って、よその玄関先で「切腹するぞ」と脅しては、
お金をせしめる方法が流行っていた。運が良ければ職にもつけることも・・・。
津雲半四郎の娘婿も、病気の妻と子を助けるため、
金策として、恥を忍んでそれを行ったら、本当に切腹させられてしまった。
娘婿の遺体姿にショックを受けた義父の半四郎は、その屋敷にひとり乗り込む。
誰よりも剣の達人の半四郎は、15人ほどの相手に切り合うが、
最終的に銃の一勢射撃を受け死す。
そういった事件を、世間は、「自宅侵入したキチガイをやっつけてすごいね」と、
屋敷の人たちをほめたたえた。

という話。

まるで、いじめを見てるかのようで、竹光での切腹場面は、壮絶すぎて息をのみます。

モノクロで、当時のテンポに、少し身構えてしまいますが、
見終わって見れば、ものすごくいい作品で感慨無量に浸ります。

1967年のアラン・ドロンの「サムライ」という映画の初頭には、
サムライの孤独についての武士道の文章があり、
孤独な殺し屋の男が、「切腹」同様、一斉射撃を受けて死んでしまいます。

「切腹」をオマージュしてるのでしょう。

外国人たちの抱く「サムライ」のイメージを、知っておくのは、
日本人としては大事に思えるので、海外の人と交流ある人は必見ですね。

モノクロ映画が苦手だと言う人は、
2011年に「一命」(主演、市川海老蔵)という名で、「切腹」のリメイクされてるそうなので、
こちらを見るといいかもしれません。

ちなみに、
1962年の「切腹」の一騎打ち場面に出てくる、適役の丹波哲郎が、ものすごくハンサムで、
中年以降しか知らない私には、驚きでした。

(おわり)

ねこつぶ(ホクロっぽい)

2017年8月9日。

転がるくびわ。

鼻の左わきに、傷あとがあります。

1


2

・・・「ヒロシです」の口調で。

※「プ、プッピ、ドゥー」 = マリリン・モンロー 「I wanna be loved by you」 の歌詞から

(おわり)

2017年9月17日 (日)

ねこつぶ(客は三度訪れる・前)

2017年9月10日。

強面レイニーが、階段にいました。

1


2


3


4


5


6


7


8


9


10


11


(つづく)

2017年9月18日 (月)

ねこつぶ(客は三度訪れる・後)

いったん、立ち去った灰色猫レイニー。

10分経った頃、再び、シロの目の前に現れました。

12


13


14


15


16


17


18


19


20


21


(おわり)

2017年9月19日 (火)

ねこつぶ(匂いにつられて)

2017年9月2日。

玄関ドアの外に、誰かいるようですよ。

1


2


3


4

(おわり)

2017年9月20日 (水)

ねこつぶ(首が抜けない)

2015年10月13日。

病院で飼われている、チビが、診察室のブラインドの向こう側から、こちらを見ていました。

1


2


3


4


5

これらの写真には、
今は亡き飼い猫アリスの通院に使っていた赤いカゴが映っているので、
手前に、アリスが診察台の上で皮下点滴をしているということになります。

悲しくも、なつかしい写真です。


(おわり)

2017年9月21日 (木)

ねこつぶ(今日はボクが主役①)

2017年9月2日。

下の白一家の飲み水を替えに来たら、下の白に見つかってしまいました。

1


2


3 子猫登場


4


5 この子の目は、右目金、左青色のオッドアイです


6


7

全3話。

(つづく)

2017年9月22日 (金)

ねこつぶ(今日はボクが主役②)

8 祖母と兄弟たち

子猫が先頭きって、兄弟たちのために、人間に、ごはんをねだることにしました。

9


10


11


12


13


14


(つづく)

2017年9月23日 (土)

ねこつぶ(今日はボクが主役③)

子猫が一生懸命、人間に、ごはんをおねだりしても、なかなか出してもらえません。

子猫は困ってしまいました。

15


16


17


18


19


20

近所の人が世話してる野良猫だけど、
ひもじそうで、あわれなほど、みんなガリガリ。

ねだりにくれば、ときどきエサをあげたりして補佐しています。


(おわり)

2017年9月24日 (日)

車いすの義父連れ御老公の湯

2017年9月。

夫のご両親と共に、「御老公の湯」という名の銭湯に行ってきました。

旅行好きで、温泉が好きだった義父母たちですが、
ここ5年ほどで、二人とも急に体が不自由になり、
義父は、今年からほとんど歩けなくなって、もう、遠出は出来そうもありません。

せめてもと、温泉のような大きなお風呂に入れてあげることにしました。

1

戸建の一軒家タイプを貸切り。
平日は、3時間、4人で6000円

ふつうの銭湯と比べると、少し割高ですし、
本館とくらべると、売店もなく、地味な感じはします。
2

室内は、段差がないので、
車イスが、居間や、風呂場の中まで、スムーズに移動することができました。
5

テーブルの上のお茶などは、旅館のように、
「しいたけ茶」や「ごぼう茶」、干し梅などが置いてありました。

3

案内の方は、着替えセットを置き、風呂のお湯を出すと、去って行きました。

お湯は、自動で止まらないので、‘自分たちで止めるように’、とのことでした。

4

夏は38度、冬は42度が適温と表示してあり、
張られたお湯の温度は42度あたりをさしてたけど、
思ったより熱く出来ませんでした。

湯船に入り、5分ほどで、ぬるく感じるのです。

ひとりずつ入浴してるので、室内が暖まらないせいかもしれません。

追い炊きは出来ないので、熱いお湯を追加するけど、
栓を抜きながらでないと、目の前の岩盤浴の部屋まで洪水状態になって、
あわててしまうのでした。

排水溝は、湯船付近にはなかったようです。

そういったところが、少々、面倒でした。

床が全面、いま流行りの珪藻土のようで、乾燥するのが驚くほど早いのは、goodでした。

床に残った冷たい水に、おののくことにならずにすみました。

岩盤浴のドアは、固すぎて、老人には開けられないだろうと思いました。福祉施設なのに、おかしいですね。

義父母は、サウナが嫌いなので、そもそも使おうともしませんでしたが・・・。

サウナの分、露天風呂が欲しかったです。
6

トイレは、広くて、当然ながら、車いすも入れるタイプでした。

7

床は、木目調のビニール(?)製なので、車いすそのままでも、傷つく心配はありません。

8

食事は、電話連絡すれば、室内まで持ってきてもらえます。

メニューは、本館とは少し異なり、2ページだけ。(本館のメニューは知らんけど)

9

夫らは、天丼。私は、はじめて見た「大根蕎麦」を頼んでみました。

ネット検索すると、栃木県佐野市の郷土料理らしいです。

ざるそばに、薄切りの大根が、混ざりこんでるだけですけどね。

ふつうに、そこいらの店のそばのように、おいしかったです。

10

利用した感想ですが、
ご両親たちは、あまり満足はしてなかったようです。

おそらく、「露天風呂」がなかったからだと思います。

もしくは、「薬湯」があったら違ったのに、と私は思いました。

戸建のものにはどれも、岩盤浴がついていますが、
サウナ嫌いなご両親たちには、なんの意味もありません。

せっかくなので、私は使ってみましたが、時間がないのでゆっくりできませんでした。

個別で風呂に入るとなると、食事の1時間をひけば、
ひとり30分しか持ち時間がないのです。

ご両親夫婦が、一緒に入るのかと、私は思っていましたが、
現実は、歩けない舅を姑と夫が両脇から抱え込んで、歩かせることに大仕事で、
そんな悠長なことは、できなかったのでした。

過去の銭湯では、いつも、5~6時間はいられたので、3時間は、やはり短すぎました。

義父母たちは、室内着を使わず、来てきた服を着ていました。

時間が短かくて落ち着かなかったのと、かぶり着が肩の関節の具合から出来そうもなかったのと、
私がピッタリに着こなしてたので、太ってる姑は着れないと思ったのかもしれません。

ふだん、子供のように感嘆する姑が真顔だったのが残念でした。

夫だけは、自宅のコンパクトな風呂と違って、「足が伸ばせる」と喜んでましたけども・・・。

(おわり)

ねこつぶ(マザコン?前編)

今では、オッドは独立したけど、
今年の初夏まで、オッドは、母親の下の白にべったりでした。

2017年5月7日。

1
※ 成瀬正俊(初期は‘正とし’) (1930~2008年) 犬山城の元城主

2


3


4


5


6


7


8

全2話。


(つづく)

2017年9月25日 (月)

ねこつぶ(マザコン?後編)

はたから見ても異常なほど、オッドは、母親が大好きなのでした。

9


10


11


12


13


14


15

母親も、オッドの態度に、少々、うんざり気味です。

(おわり)

2017年9月26日 (火)

ねこつぶ(悪ふざけ・前編)

2017年6月6日。

ちびとくびわが、仲良くすわっていました。

おやおや、くびわが、なんだか眠そうですよ。

1


2


3


4


5


6


7


8


9


(つづく)

2017年9月27日 (水)

ねこつぶ(悪ふざけ・後編)

くびわは、ちびに言われたとおりに、眠ろうとしましたが、
目の前に、ちびのお尻があるのに気づいて・・・。

10


11


12


13


14


15


16


17

仲がいいからこその、じゃれあい。

いとおしいほど、困らせたくなっちゃうってこと、たまにあるよね。

(おわり)

2017年9月28日 (木)

ねこつぶ(なんか狛犬)

2017年8月8日。

一階ひさしの上に、白猫のオッドが寝ていました。

1


2


3


4


5

狛犬は、右側が開口で、獅子(オス)、左側が閉口で狛犬(メス)。
阿吽は、ものごとの初めと終わりを表す。「あ」で始まり、「ん」で終わることから。

(おわり)
                       

2017年9月29日 (金)

ねこつぶ(見かけるあの子・前)

2017年9月11日。

オス猫のオッドが、しきりに遠くを見つめていました。

1


2


3


4


5


6


7

オッド大興奮です。


(つづく)

2017年9月30日 (土)

ねこつぶ(見かけるあの子・後)

オッドが待ちに待った、猫ちゃんがやってきました。

柵の向こう側から、待ち構える、オス猫オッド。

8


9


10


11


12


13


14


15


16


17


このあと、オッドが、ミケから平手打ちをくらったかは、さだかでない・・・。

(おわり)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »