フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 我が家のスリッパ事情 | トップページ | ねこつぶ(笑ったら負け) »

2018年1月 7日 (日)

昨年のごちそうさま

近所のがんこ屋さんで、期間限定で2つの定食が半額になっていた。

ふだん2000円くらいするものが、約1000円!

家族そろって、それを注文。

お寿司が、ものすごく、うまい。

やっぱり高いお寿司は、普段食べてる回転ずしのとは、全然ちがうね!

Cimg4092p 銀の器は、「冷たい鍋」というもの

「ただ飯」食べたような、あまりに申し訳ない気持ちだったので、
いつもは注文しないデザートをプラスして店に利益を足してあげた。

う~ん、ワッフルも、うまいheart04

Cimg4094p

「赤いきつね」のカップめんは、地方により味が違うと、10年以上前に聞いて以来、
ずっと気になっていたのだけど、
旅行とは無縁の私には、食べることは難しかった。

ところが、昨年、最寄りのスーパーで、全国の赤いきつねを特売していて、
なんと買うことが出来たのだ!

P

同時に4つは食べ比べできなかったけど、
2つずつ、味わった感想では、「北海道」が一番うまかった。

Cimg4165p

他のものがカツオだし(?)に対し、「北海道」だけ、スープの出汁が「利尻昆布」なのだ!

私の大好きな映画に、森繁久弥と山田五十鈴主演の「暖簾(のれん)」というのがあるのだが、
でっち奉公の少年が、昆布屋ののれん分けをして大往生するまでの物語で、
結婚式当日の夜に、二人が食べた立ち食いそばが、昆布を使ってるのに気づいて、
立ち食いそば屋に、昆布を売り出そうと思い立つ場面がある。

その場面が、‘昆布だしのそばって、どんな味?’と私の興味をそそり、
もうおいしそうで、おいしそうで、これまた気になっていたのだけど、
きっと、この「北海道」のスープのようなものだったのだろう、と思い至る。

しみじみ。

‘そば’といえば、人生初、「わんこそば」を食べた。

エンドレスに食べつつける「わんこそば」でなくて、
こわけに分けられ、色々な味付けされてる、岩手の「そばぶるまい」というもの。

Cimg5442

味付けは、手前左から「天ぷら」「鴨南蛮」「大根すりといくら」
「サラダ:レモン千切りきゃべつ」「とろろ」

ん~、サラダバージョンは、私は「ない」なぁ~。

つゆは、ふつうの味だった。

(おわり)

« 我が家のスリッパ事情 | トップページ | ねこつぶ(笑ったら負け) »

つぶやき」カテゴリの記事