フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(みんな集まれ!・後半) | トップページ | ねこつぶ(ちびの出迎え・前編) »

2018年1月17日 (水)

猫と湯たんぽ

去年の12月初めごろ、外猫のちびが、なんだか慌てふためいているのを目撃した。

どうやら、寒さのあまり、どこに行ったらしのげるのか、わからないといった様子だった。

ちびは、大病を患ってから、体調がかんばしくない。

なおさら、寒さがこたえるようだった。

そういうわけで、いそぎ、ペットボトルにお湯を入れて、湯たんぽを作り、寝床の箱に入れてあげた。

ちびは、喜んで、それに体を密着させて、寝床にまるまった。

この日以来、毎日、外猫に、ペットボトルの湯たんぽを入れてあげている。

1 炭酸のペットボトルは、熱湯で変形するのでダメ。

晩年の飼い猫アリスが、とても寒がってたので、
その記憶もあって、外猫にも、なんとかしてあげたいと思ってしまうのかもしれない。

.✿

外猫さんのための小屋がある場所は、日中、陽が当たらないこともあって、かなり寒い。

そばに置いてある、猫の飲み水は、夕方になっても、張った氷が溶けないほどだ。

寒さが一層きびしくなったので、中に設置してある寝床の段ボール箱に覆いを作ってあげることにした。

箱の外側に、タイルマットで囲み、
さらに上に、プチプチシートをかけて隙間風を防いだ。

驚いたことに、組み立てたタイルマットの中に、あつらえたように箱がぴったり収まる。ナイス!

湯たんぽを入れる穴として、上半分は開け閉めできるような仕組みにしたので、
少々、見羽は悪くなってしまったが、しかたあるまい。

タイルマットの崩壊防止に、テープで補強したのだが、
透明テープが貼りつかないのだ。

しかたなしに、ふつうのガムテープを使わざるを得なかった。

ともかく、これだけ、密閉すれば、湯たんぽの効果が増すだろう。

猫ハウス、完成☆

2いそいで組み立てたので汚い・・・。

さっそく、ごきげんで、ハウスと湯たんぽを漫喫するシロ。downwardleft

3

湯たんぽをおしりにあてて温まっている。downwardleft

4

上の写真では、ちょっとしか湯たんぽに接していないが、
5度以下の寒さになると、上に上半身を寄りかけたり、全身で上に乗ったりしている。

5

ペットボトルの湯たんぽは、せいぜい3時間くらいしか温くないとおもうが、
猫たちは、かなりこれにすがってるようで、24時間後に取り出した時、
直前まで寄り添ってたせいで、中の水が生暖かいのだった。

✿.

500mlのペットボトル湯たんぽは、持続性がないので、
長時間用の、ふつうの大きな湯たんぽ(1.5リットルは入るかも)も作ってあげた。

朝までというと、夕方4時半にセットして陽が照る時間までは、16時間くらいはあるので、
カバーを厚手にして、できるだけ長時間暖かさを持続するよう工夫した。

「湯たんぽ」 → 「カバー」 → 「布団タイプの袋」
→ 「フリースの袋カバー(冷めても冷たさが肌に伝わらないように、それだけで温かい布地で)」

6

そうして完成した猫ハウスは、‘大きな猫ハウス’の中にイン☆downwardleft

7 こんなかんじ☆ あら?誰か入ってるよ!

湯たんぽを入れる場所から中をのぞくと・・・。

おや、おや、ご近所ねこのミケが入っていました。

ダメよ、ミケは、まだ若いから、寒くないでしょ?

8

外から見れば、こういうかんじ。downwardleft

中には、4つの猫の寝床がつくられてあるのです。

気分次第で、好きな場所で、寝ることが出来ます。

9

年始のあいさつで、去年の正月ぶりに、ツレが実家にやってきて、
帰り際、この猫ハウスをはじめて目にして、指差しながら「すごいね・・・」と言った。

彼は、これが何かは知らない。

徐々に増築した猫ハウス。

言われてみれば、なんだか浮浪者の家みたいに見えなくもない。

ん~・・・、もとはといえば、79歳の母が、今も乗り回してる原付バイクが収容されてるだけなんだけどね。

そこに猫小屋がトッピングされてるだけで・・・。

ここの建物の駐輪場に置くと大抵、盗まれるから、みんな玄関前に置いてるのよ。

えぇ、母のバイク、4回くらい盗まれた過去があるのから。

まぁ、ただ、それだけのこと。

夏になったら、猫ハウスは、すっきりさせるよ。

(おわり)

« ねこつぶ(みんな集まれ!・後半) | トップページ | ねこつぶ(ちびの出迎え・前編) »

✿くびわと愉快な仲間たち」カテゴリの記事