フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 進歩してない、と思うもの | トップページ | ねこつぶ(毎日が記念日) »

2018年1月21日 (日)

お酒をいだだいて

遠く九州に住む酒好きの義弟から、お酒が届いた。

「獺祭 (だっさい)」。

安倍総理が、アメリカ大統領にあげたとか、エヴァンゲリヲンに登場したとか、話題の酒らしいけど、
ふだんお酒を飲まない私にとっては、味の違いはわからないから、
そういうことは、あんまり意味をなさない。(ツレは喜んでたけど)

どちらかというと、ネーミングの元となった、‘カワウソが魚を並べる’状況のほうが気になる。

どこかに画像ないかしら?

Cimg6657 だっさい

この獺祭のお酒は、6000円相当の品らしいので、それに見合った返しをしなければと、
今回、ふくろうビールを、 木内酒造で買って送ることにした。

ビールだけで、16種類あるのだ。


Cimg7072 外観・道通り

ここは1823年から続く酒屋で、建物は、当時のものをリフォームしたものらしい。

Cimg7075 入口・長屋門

入口は、長屋門で、門と部屋が一体化しているめずらしいつくり。

Cimg7076 蕎麦屋の門

お酒を買う前に、蔵を改良したお蕎麦屋さんで腹ごしらえ。

県外の人が多く来るほどの、人気店という。

開店前にはすでに、20人は並んでいたと思う。

私たちは8番目くらい。

土曜日以外は、11時半から午後2時までの2時間半しか空いてない、レアな店だ。(夜は土曜日だけ営業)


Cimg7066 蕎麦屋の入り口

満席になったら、受付終了なかんじ。

Cimg7065 入口の中

2階席もあるけど、どうなってるのだろう、気になります。

Cimg7063 天上と二階席の塀

せっかくなので、1880円のおすすめコース料理を頼んでみました。

Cimg7051 前菜

まずは、前菜、「松前漬け」「鳥団子」「サザエ」

お箸が、おどろくほど尖っていてちょっとびっくり。

Cimg7057 旬の野菜のかき揚げとそば

そばは、「もりそば」「かけそば」「つけそば」のいずれかから。

私は、つけそばにしました。

この店は、そばの入れ物が、どれも瀬戸物で独特です。

お盆が朱色なのは、御膳台をイメージしてでしょうか?

かきあげは、イモケンピのように細く切ったサツマイモ(黄と紅)がメインで、
たぶん春菊と桜エビが入っていました。

Cimg7061 梅酒ゼリーとコーヒー

「本日のミニスイーツ」は、梅酒ゼリー。底にやわらかい梅の実が入っていました。

そして「仕込み水のコーヒー」。酒の試飲の器に入れられてました。

ゼリーのほうも、酒のぐい飲みグラスです。

Cimg7053 店内

蕎麦も天ぷらもおいしかったけど、メインのそばが来るまで、1時間15分かかりました。

開店と同時に入ったのだけど、食べ終えたのは1時半ごろ。

席と同人数しかさばけないから、レアな店なわけです。

Cimg7071 売店・室内の引き戸がおもむき深い

ビールを義弟の分は宅配便で送り、
私たちの飲む分を、買って帰りました。

Cimg7077 おみやげ

ビール5本と梅の実、甘酒用の酒かす。

ビールは、1本、360円くらい、
梅の実は、500円?
酒かすは、450円だったと思う。

梅の実は、梅酒ゼリーに入ってたような、ふにゃふにゃのものを期待してたら、
カリカリ梅タイプでした。味も違うし、がっかり。

まだ飲んでないけど、みかん味のビールが楽しみです。

義弟が半年前に送ってきた焼酎もまだ残ってるし、
義父母から「飲まないから」ともらった、缶ビールが6本あるし、
その上、こんなに買ってしまって、
酒は、得意じゃないけど、がんばって飲もうと思います。

(おわり)

« 進歩してない、と思うもの | トップページ | ねこつぶ(毎日が記念日) »

つぶやき」カテゴリの記事