フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(まだ雪を見ていたい) | トップページ | ねこつぶ(マフラー) »

2018年2月 2日 (金)

くびわの結膜炎

2018年2月2日、金曜日、外猫くびわを病院へ連れて行った。

1月30日の火曜日に右目の目ヤニをふき取った時に、
黒ではなく黄色の目ヤニが取れたので、「ん?」と思いつつも、その時は、まだ正常の域だったのだが、
次の日には、‘お岩さん’ほどではないが、右目だけ腫れてしまっていたのだった。

4か月ぐらい前に、私が結膜炎で病院から処方された目薬を、くびわの目に差して、
微妙だけど、よくなったように見えた。(都合上、一日に1回しか目薬をさせないので)

けれども、よく寝そべってる台の布の上に赤っぽい汁が点々とあって、
くびわの目ヤニは滴る程でもないのに、なんだろう?

体や手足を見たが、傷は無い。

仲間のちびやシロの可能性もなくはないが、
二匹が引きこもってる箱の中に汁のあとはないのだった。

とすれば、やはり赤い汁の原因は、くびわ?

食欲も少し落ちて来てるし、抗生剤の注射を期待して、連れてくことにしたのだった。

1

裏切り行為のように思えて、つらい。

くびわは、再び自宅に戻るまで鳴き通しだった。

2

右目周囲の顔までも腫れてるように思えたが、腫れてないとのことだった。

注射はされず、抗生剤の錠剤と目薬を処方された。

3

目薬は、一日5~6回さすようにというけれど、
私は昼間の数時間しか接触ないし、
なぜだか知らないけど、くびわは、毎日母からエサをもらってるのに、
母を見るなり隠れるので、母は目薬をさすことはできないだろう。

こういうところが、外猫の治療の難しさだなと思う。

4

治療費: 3510円

   再診料 500円
   内用薬 1500円 (1週間分)
   トプラシン目薬 1250円

5

自宅前に着き、カゴを開けたが、くびわは、興奮してまったく気が付かず、
隅にうずくまったまま、鳴き続けていた。

1分ほど、そうしてた。

やがて・・・、

6


7


8


9

自分がどこにいるのかわからず、キョロキョロしている。

10 右目の周りが濡れてハゲている。


11


12


13

このあと、ようやく、どこにいるのか、理解できて、走って逃げて行ってしまった。

真夜中、氷点下になるのに、いつも寝ている猫ハウスに戻るのか心配だ。

(おわり)

« ねこつぶ(まだ雪を見ていたい) | トップページ | ねこつぶ(マフラー) »

✿くびわと愉快な仲間たち」カテゴリの記事