フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 運命の結婚相手・・・ | トップページ | ちび歯周病(4)「お外の友達) »

2018年3月18日 (日)

立て続けに天に召され

独り暮らしをする母のところには、
ペットの遺骨がそのまま残されている。

左から、猫のアリス、レオン。犬のイゾルテ、ミル。

母は、ペットと一緒に埋葬してもらえる樹木葬の場所を見つけたそうで、
時が来たら連れて行くそうだ。

愛するペットの遺骨だから、ずっと置かれていても不気味だとは思わないし、
なんとなく、私には、骨に魂は残っていない気がして、
ただの‘抜け殻がそこにある’という感じがする。

最近では、彼らたちは夢に出ることもなくなったので、完全に成仏したんだと思う。

とある人間の霊の話によると、夢に出るのも技術が必要だとか。

生きてる世界と、あの世の中間地点は、暗闇だと私は感じているので、
成仏したという事は、そこから抜け出せてよかったと思う。

嘆き悲しみすぎて、長い間、その暗闇に引きとめてしまった気がしてたから・・・。

Cimg8081

我が家のペットは、なぜか、立て続けに亡くなっていて、

< 犬 >

平成17年 2月 5日 イゾルテ (14才)
平成18年 7月 24日 ミル   (15才)

イゾルテは、1年以上通院を繰り返しで、長らく苦しんだあげくの病死。 (1年で100万円以上の治療費)

ミルは、突如、もがき苦しむほどの何かしらの病気になり、痛みどめによる心肺停止。
(鎮痛剤打つと、心臓が止まることがありますよ、と医師に言われたが、苦しみを見ていられず投与し30分後死亡)

Cimg8083

Cimg8085

< 猫 >

平成27年 2月 14日 レオン  (15才) 謎の突然死 (昼寝中、声を上げたと思ったらそのまま死亡)
平成28年 3月 1日  アリス  (18才) 腎臓病の果ての薬による窒息死

Cimg8082

Cimg8086

Cimg8087

‘連れて行かれた?’

と、人間の夫婦が立てつづけて亡くなった場合、よくいわれるけど、
我が家のペットたちは、そこまで仲良し2匹だったわけでもない。

偶然にも立て続けに死んでしまっただけ。

なんの運命かわからないけど、
これで仲良し2匹はあの世で寂しい想いすること無いし、
正直、残された片割れを、気遣い続ける私たちの心労もあまりしないですんだ。

仲間を失って、さみしげにしてるペットを見てるのもつらいものだし、
言葉が通じぬ相手に、どうなぐさめたらいいというのだろう?

言葉で慰め合うことのない動物は、自分ひとりで、解決を見つけ立ち直るしかないから、
飼い主は、気をもみながら、見守るしかないのだった。


Cimg8084 ミルと、イゾ(これで成犬) 保護犬


2 (険悪にならずに仲良く丸まってた、レアな写真)


3 空き地で遊ぶ

16  猫たち、それぞれの毛玉



↓いつもお世話になってる、動物火葬場の観音さま。

Sbsh0003

よくみれば、腕に抱えてるのは、
左から、ねこ、いぬ、うさぎ のよう。

Sbsh0003p

近年は、どこかしらで‘動物霊園の突然の閉鎖トラブル’もあったから、
動物の遺骨を預けるのも、なおさら気持ちが躊躇しがちだ。

(おわり)

« 運命の結婚相手・・・ | トップページ | ちび歯周病(4)「お外の友達) »

ペット」カテゴリの記事