フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(はみちゃん甘えんぼ) | トップページ | 最近ちょっと、よかったもん »

2018年4月 7日 (土)

シロもまた、歯周病

2018年4月3日。

最近のシロは、食が細く、
カリカリの部分をよけて、とろとろっ’な部分しか食べなくなりました。

口が歯周病なので、痛くて、かたいものが食べられないのでしょう。

毛並みが悪くなってしまったので、(←健康管理の目安のひとつ)
病院へ連れて行くことにしました。

1_2

シロは、警戒心が強く、ふだんから、さわれるそばまでは近づいてこないので、
捕まえるのに、慎重さと機敏さを必要としました。

失敗は許されません。

なんとか、一発でつかまえることが出来ました。

2_2

すぐさま、病院へ。

体重3.1㎏。

数年前に、測った時と同じように思えます。

食べが減っても、不思議と、体重変わりなし?

3_2

ちびの歯周病治療と同じように、「抜歯入院」になるのかと、構えてましたが、
抗生剤の注射一本だけで、薬もなしで終了しました。

シロは、若いので、歯を抜くわけにもいかず、
「注射で痛みを押さえ、再び口が痛くて食べられなくなったら、注射、の繰り返し」
になる、と医師は言いました。

4_2 実際のシロは、涙目で、顔がひどい。

口の中は・・・。

5_2

前に見たときは、「血袋状態(水ぶくれのような形の)」だったと記憶してましたが、
ちびと同じ、「ボコボコ歯肉」になっていました。

動物病院に掲げられたテレビの、動物病気番組には、
「猫の歯周病は、5匹に4匹がなる」、と言っていました。

我が家の飼い猫3匹が、歯周病にはならなかったのは、
衛生的なエサを食べてるおかげだったのかもしれません。

6_2

自宅に戻り、
シロを、玄関前で放すと、どこかへ逃げ去って行きました。

次の日にシロが現れるか気がかりだったけど、
いつもどおり、出迎えてくれました。

ただし、ボディガードのように、親友のちびを付き添えて。

3日ほどすると、再び、食が細くなりました。

食べたそうにしてるのに、食べられない。

1杯目は食べたのに、おかわりは「これじゃないのがいい」という。

まいったね・・・。注射は2週間もつって話だったのに。

食べが悪いちびとシロのために、レトルトがたくさん買い揃えてあります。

これはこれで、けっこうな出費。

9 これ以外にも缶詰も。

↓ 警戒心の強いシロは、いつでも逃げられる体制で食事をしています。

611 シロの食事の処。

↓ 食が細く体調がイマイチでも、親友ちびへの毛繕いする元気はあるようです。

7_2 カメラ向けたら、なめるのやめちゃった

8_2 写真は、そのままでは汚いので涙目跡は修正。

おまけ: 

飼い猫まりあちゃんが撮影中に近づいてきましたよ。

10

4月でも、気温が高いので、
もう草むらには、「まだに」が大量発生でノラちゃんたちの耳に付きまくりsweat01

殺虫薬 「フロントライン」を野良猫用に4つほど買いました。 (猫の首裏に点薬するものです)

今回の、

シロの治療費:

再診料 500円
注射 2000円
 税 8%

    +

フロントライン 1200円 × 4つ
目薬       1250円 

合計 9234円

追記: シロは、治療から10日ほどたったころから食欲が出てきました。
     歯周病が改善しないうちは、食べる気力がおきなかったみたいです。

(おわり)

« ねこつぶ(はみちゃん甘えんぼ) | トップページ | 最近ちょっと、よかったもん »

✿くびわと愉快な仲間たち」カテゴリの記事