フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« シロもまた、歯周病 | トップページ | ねこつぶ(何もしない日) »

2018年4月 8日 (日)

最近ちょっと、よかったもん

◆ 「背中洗いに、グラス用ブラシ」

昨年の秋ごろから、肩を痛めて、手の指が、背中の肩甲骨まで届かなくなってしまった。

お風呂時、タオルだけで洗うも、どうも洗い残しがあるようで、
めずらしく背中に、ふたつばかり、ニキビが出来るという不覚にショック。

やはり、しっかり洗いたいと、ブラシを探してたところ、
「靴洗いブラシを使う」という発想に行きついた。

世間には、「背中洗い用ブラシ」なるものも発売されているが、
ブラシの面積が平らで広く、そのせいで、背骨の凹凸にフィットしないし、
なにより、重い上に、背中の肌にあたると、ひりひりと痛いので、私には合わなかった。

ダイソーで見つけた「靴洗い用ブラシ」は、ブラシ部分がモコモコした尖ってないもので、
さわると、やわらかい。

‘これはいける!’と使いだしてみたものの、意外に、ひりひりして痛かった。

背中の皮膚は、かなりデリケートらしい。

しかもこのブラシは、靴用なので、角度があり、
向きを間違えると、先端が背中にあたらないのだった。

さらにいえば、ゴミこそげ用のヘラ(黒いねずみのところ)が、セロハンテープで固定しても、
濡れると、はずれてしまい、持ちずらくなり、強度が弱まってしまうという欠点があった。

というわけで、靴洗い用ブラシは、背中洗いに向かない、ということが判明した。

.Cimg8328p

そんなさなか、
久しぶりに、100円ショップのセリアに行ったら、
よさげな「グラス洗い用ブラシ」が、偶然にも目に入った。

梵天耳かきの梵天のような形をした、ブラシ部分。

さわると、あの靴洗い用ブラシよりやわらかい。

念の為、手首の内側の皮膚にさすってみたら、まだ多少ひりひりするものの、いい感じだった。

実際、使ってみると、この球体が、背骨のくぼみにちゃんとフィットしてくれるじゃないか!

柄の長さも、ちょうどいい。

ちょっとばかり、感動してしまった。

.

◆ 「厚塗り ファンデーション」

化粧品は、ふつうのものを使っているが、
補助的なもの(ほおべに、アイシャドウ、スポンジなど)は、
いつも最寄りの100円ショップダイソーで買っている。

といっても、他の100円ショップのセリアやキャンドゥなどの店が近くにないから、
そこで買ってるだけで、とくにこだわりがあるわけではない。

そんなわけで、3日前、いつものダイソーに行ったら、
なんと、化粧品コーナーの棚が、ひとつ丸ごとなくなってしまっていた。

理由はわからないが、これでは買うことが出来ない。

しかたなしに、3キロ離れたセリアまで車を走らせることにした。(キャンドゥは、もっと遠く5キロ先)

セリアは、最寄のダイソーより、品数は少ないが、センスが女性寄りでおしゃれ。

そのせいか、パウダーの代わりとして買った、ファンデーション、
ものすごく、肌触りがいい。

しかも、少しの量で、ものすごい「カバー力(りょく)」の「厚塗り」タイプなのだった。

「厚塗り」は、世間的にいいイメージはないが、
中年になるとこれくらいじゃないとダメなのだ。

30歳過ぎたあたりから、化粧してるのに、
「あれ?化粧してないの?」って言われだしちゃうんだから。

ばばぁのすっぴんなんて、見れたもんじゃないよ(人にもよりますが・・・)。

100円なのに、いいのみつけたわぁ、と、またまた、感動したのだった。

Cimg8329pk

.

◆ やはり、高級な椿油は違う

先日、夫からプレゼントされた椿油を使ってみた。

髪モデルが使用している、一瓶、1500円くらいする有名な椿油。

数滴、手のひらに落しただけで、今まで使ってた500円の安い椿油との違いを実感した。

油から、本物感が、ひしひしと伝わる。

しかも、瓶の口のつくりもしっかりしてて、全然、液だれしないのだった。

安い椿油は、注意して注いでも、いつのまにやら、瓶の底周辺に油で、べたべたになり、
コースターをしかないと、台の上が、ひどいありさまになってしまう。

やっぱり、高いのには、それだけの良さがあるんだね。うん、うん。happy01

Cimg8335p

(おわり)

« シロもまた、歯周病 | トップページ | ねこつぶ(何もしない日) »

つぶやき」カテゴリの記事