フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(二重に見える) | トップページ | ねこつぶ(くびわのブラッシング) »

2018年4月29日 (日)

野良猫マイケルのお花が咲く

2018年4月19日。

今年も‘マイケル’の花が咲きました。

Cimg8627

Cimg8626 とある空室の玄関前。

「マイケル」というのは、2011年後半から2013年11月までめんどうみていた、
オスの野良猫のこと。

マイケルは、死期が近づいたころ、よくここにきて、ひとり、うずくまっていました。
(最終的には、みんなの前から、姿を消してしまいましたが・・・)

Photo 死期間近のマイケル

なので、私にとって、この場所が、マイケルの思い出の場所となり、
いまでも、時々、思い出にひたりに、見に来ているのです。 

ここは、4階外れの、空室で、
玄関前には、前の住人が捨て置いてったゴミと共に、
数個の鉢が放置、散乱しています。

2

最上階の屋根なし、世話する人なし、の状況で、、
鉢の草はけなげにも、毎年、花を咲かせています。

太陽直下で、枯れないのが、不思議なくらいです。

でも、いつほんとに枯れるかもわからないし、撤去されないともいえません。

マイケルの思い出を失いたくなかった私は、
昨年、思い切って、2つの小さな鉢を持ち帰ることにしました。

そして適当な鉢に植え替え、いつでも見えるベランダに置きました。

Cimg9055

今年、連れ帰って初めての花が、数量の咲き、花は終了しました。

が、近所の地植えの花を見ると、花真っ盛りです。

あんな、吹きさらしの場所より、我が家は、生育しづらいのかしら・・・?

園芸って難しい・・・。

マイケルは、「くびわ」が少年だったころに、はじめてできた親友です。

くびわは、マイケルを、とても頼り、慕っていました。

4 過去のぶろぐ使用写真


5

この、うれしそうな、くびわの顔。

マイケルが死んだとき(失踪)には、くびわも、長い期間、とても悲しんでいました。

くわしくは、
「マイケルの親友くびわ」 (2013年11月3日)
「その後の親友くびわ (3)」  (2013年11月9日)

マイケル (生誕? ~ 2013年10月30日ごろ)

歯が数本なかったので、私たちが出合った時には、
マイケルは、10歳は越す、おじいちゃん猫だったらしい。

3

マイケルの花 = 紫の花 は、 「ムスカリ」という草花。

ウィキペディアによると、花言葉は、

「偉大なる愛」 「明るい未来」 「通じ合う心」 「失望」 「失意」

だそう。

マイケルの人生に合った、花言葉です。

(おわり)

« ねこつぶ(二重に見える) | トップページ | ねこつぶ(くびわのブラッシング) »

✿マイケルの休息」カテゴリの記事