フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(しっぽにも水) | トップページ | ねこつぶ(ミケの‘お花摘み’) »

2018年5月24日 (木)

ねこつぶ(ちびの手)

2018年5月8日。

ねこはうすの中の、段ボール箱にシロとちびが入っています。

ちびが、箱のヘリに、手を置きました。

さて、何をしてるところでしょう?

1


2


3


4

【補足】
美内すずえさんの漫画「ガラスの仮面」には、
「ジーナと五つのつぼ」という舞台劇が登場します。

本来は、大人数のふつうの舞台なのですが、
トラブルで、時間までに仲間が来れなくなり、
急きょ、唯一到着してた主役の北島マヤが、
独りで舞台を切り抜けることになりました。

内容は、壺をめぐるサスペンス。

訪問者が幾人か来る設定なのですが、
巧みな演技で、それらがそこにいるように見せかけます。

師匠の月影千草が、手だけを窓枠に置いたことで、
観客に、「いつ他の登場人物が現れるんだろう?」と、
不安と期待を抱かせる重要なポイントとなっています。

「ガラスの仮面」の作品の中で、有名な場面のひとつであります。

実際のところは、ちびは、肩が張るのか、腕をのばす姿勢で寝ているだけです。

マッサージしてあげたいけど、ちびは、人間にさわられるのを嫌うので、できません。

(おわり)

« ねこつぶ(しっぽにも水) | トップページ | ねこつぶ(ミケの‘お花摘み’) »

✿くびわと愉快な仲間たち」カテゴリの記事