フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月 1日 (土)

8月28日の子猫・水を飲む

※子猫は、動物保護団体に連れて行かれて、もう我が家にはいませんが、
  子猫の写真は、しばらく続きます。

.

子猫は、入れたての水が好きのようで、入れ替えると、必ず飲みました。

1


2


3


4


5


6


7

カリカリに混ぜられてる、鰹節やかまぼこは猫は残すから、不要だよね。煮干しはいるけど。

8


9

(おわり)

2018年9月 2日 (日)

メモ:「ヒヨコが黄色い理由」

テレビ番組「平成生まれ3000万人!そんなコト考えた事なかったクイズ」2018年8月28日放送から

◆ 「ヒヨコは、ナゼ黄色い?」 

信州大学 鏡味裕教授の話。

Cimg2400601


Cimg2590


Cimg2593


Cimg2595

.

◆ 「地鶏とは?」 

Cimg2602


Cimg260218


Cimg2612


Cimg2613


Cimg2616


Cimg2617

・「とさか」は、温度調整のため

タマゴの黄身は、エサによって色が変わるときく。(黄身の色の実験

では、青の黄身だったら、青のヒヨコが?

レインボー色なら、どんなふうになるんでしょうね?

(おわり)

8月30日の子猫・ハエを見る

2018年8月30日。

子猫はヒマを持て余していました。

1_2


2_2


3_2


4_2


5_2


6_2


7_2


8_2


9_2

猫って、虫を捕まえるのうまいよね。

「子猫のあくび」

10


11


12

肝心なときに、ピンボケ。

(おわり)

2018年9月 3日 (月)

8月29日の子猫・草をはむ?

2018年8月29日。

外猫さん用の食草に、子猫が興味津々です。

1_2


2_2


3_2

あら?、食べるのかしら?

4_2


5_2


6_2


7_2

生後2ヶ月じゃ、草をはむのは、まだ早いかな。

(おわり)

2018年9月 4日 (火)

8月28日の子猫・ひもと闘う

2018年8月28日。

子猫の小屋の掃除をするときは、子猫をひもにつないでおきます。

その間、子猫は、まるでバッタのようにピョンピョン走り回って、一人で遊んでいます。

1


2


3


4


5


6

ひもでつながれてることが、わからないみたい。

7


8


9


10


11


12


13 口を開けて、大興奮。


14


15


(おわり)

2018年9月 5日 (水)

8月29日の子猫・寝床

2018年8月29日。

子猫は、ケージの中で、寝場所をここに決めたよです。

気温が少し下がって、涼しくなったので、タオルを入れてあげることにしました。

1

2

3

4

5

7

8

9

10

ちょっと、まだ、ねぼけ顔。

(おわり)

2018年9月 6日 (木)

8月30日の子猫・ぐるぐる遊ぶ

子猫のお散歩。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

子猫は、物入れの植木鉢のまわりを、ぐるぐる回るのが好きでした。

ひもがついてるので、からまらないようにしてあげるのが、大変でした。


(おわり)

2018年9月 7日 (金)

8月30日の子猫・シロと

子猫が、こちらに狙いを定めています。

見えませんが、走る準備として、後ろ足をもぞもぞ動かしてるはずです。

1


1p


2


3


4 なにか気配を感じるね。


5


6


6k シロは、お昼寝中です。


7


8


9


10

子猫は、寝てるところを邪魔したくなかったんだね、きっと。


(おわり)

2018年9月 8日 (土)

8月30日の子猫・ちびと

子猫は、ひとりで遊んでいます。

1_2

けれども、ひも相手に楽しそうです。

2_2


3_2


4_2


5_2


6_2


7_2


8_2 ここは、ちびの寝場所。


9_2


10_2


11


12


13 


14


15

ちびは、年寄りだから、
目の前で、遊ばれると、落ち着かないかもね。


(おわり)

2018年9月 9日 (日)

メモ:「神棚と仏壇の違い」

TBS番組 「この差って何☆」 (7月のお盆と8月のお盆の差) 2018年8月14日放送から

◆ 「仏壇」 

・「仏壇が下に置かれてる理由」

1

仏壇は、お寺のミニチュア版。

お坊さんは、必ず、座って拝む。
仏教で最も丁寧な礼拝(らいはい)方法のひとつである「五体投地(ごたいとうち)」を、
するから。downwardleft

2 手のひらを上に、頭、ひじ、ひざをつける

・「仏壇の置き場所と向き」

仏壇は、極楽浄土があるという西に置き、正面を東に向ける。
こうすることで、極楽浄土がある西に向いて拝むことになる。

7

・「まつっているもの」

浄土宗は、阿弥陀如来。

4

曹洞宗は、釈迦牟尼仏。

5

真言宗は、大日如来。

6

※位牌は、中央ではなく、
一段さがった場所に置くこと。

・「お供え物」

・炊いたご飯 
・水
・線香 (香りも召し上がる)

・花
・ろうそく (空間をおごそかにする)

3

.

◆ 「神棚」 ◆

・「神棚が高い場所にある理由」

8

神様は、人間よりも位が高いので、
人間の頭よりも上にまつるのが礼儀。

立っておがむので天井近くの位置になる。

・「神棚の上に階がある場合(2階建て以上の建物)」

神棚の上に、「雲」「天」「空」などの漢字一字を書き、
「この上には何もありません」とさせる。

9

・「神棚の置き場所と向き」

「北側に置き、正面を南に向ける」 →陽の光を受ける時間が長い

「西側に置き、正面を東に向ける」 →その日の最初の光を受けることができる

10

・「まつっているもの」

一番位の高い神様である、天照大御神。

神棚は、伊勢神宮でただいたお札をまつる為のもの。

11

・お札の置き方

12

向かって右に、地元の氏神様。
中央に、天照大御神。
左に、自分のお願い事をした神様のお札(何枚納めでもOK)。

13

祀ったお札は初詣の時に、神社におさめる。

・ 「お供え物」

・生の米
・水
・塩

生きるうえで、最低限必要なもの。
人間の手の入ってない自然の恵みを神様にお返しする

・お酒

お酒は、神様を喜ばせる神聖な飲み物。

14

供え物は、毎日新しくすること。

.

◆ 「8月と7月のお盆がある理由」 

関東では、ほとんどが、8月のお盆(赤い地域downwardleft

15

7月がお盆の地域は、
東京の上半分、埼玉県の一部、神奈川県の一部。downwardleft(青い部分)

16

・「お盆の始まり」

お盆は、奈良時代、宗教とともに、日本に伝わってきた。

お盆は、ご先祖様を供養する仏事。

お釈迦様の言い伝えが書かれてる、「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」には、
7月15日にするようにと書かれている。

17

ところが、明治時代、海外の文化が入って来て、暦が変わってしまった。

旧歴と新暦では、一ヶ月もずれてしまうことに。

18

明治政府は、「行事の日程は、新暦でも旧暦と同じ日付で行う事」と発令したが、
新暦の7月15日は、旧暦の6月で、農作業がまだ忙しく、大事な時期でもあったため、

19

農村地域では、農作業が一段落した8月15日(旧暦の7月15日)にお盆を行った。

✿~~~~~~✿~~~~~~✿~~~~~~✿~~~~~~✿

◆ 「お盆のはじまり」 ◆

NHK「チコちゃんに叱られる!夏休み拡大版」 2018年8月17日放送から

「お盆」とは、「盂蘭盆(うらぼん)」を略したもので、
盂蘭盆(うらぼん)」は、
サンスクリットの「ウランバナ(逆さづり)」に漢字を当てはめたもの。

21

「盂蘭盆」=「盂蘭盆経」

「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」というのは、
お釈迦様とのエピソードをまとめた本で、、
お盆の始まりが書かれてある。

20

・お盆の、ことの始まり。

昔むかし、お釈迦様の弟子に、優秀な目連(もくれん)という者がいた。

ある日、亡くなった母に会いたくなり、
極楽浄土をのぞいても、母の姿はなく、
どこをさがしても、見つけることが出来なかった。

22

おそるおそる、暗闇をのぞくと、
母親が、地獄のようなところで、逆さつりされているではないか!

23

お釈迦様が現れ、
「目連よ、母親を助けたければ、僧侶たちの修行が終わる旧暦7月15日に、
たくさん食べ物をお供えして、お経を読んでもらいなさい。
そうすれば、お前の母親は、地獄の苦しみから救われるでしょう」
という。

24


25

目連は、その通りにしたところ、

26


27

母親の足からひもがはずれ、

28

母親は、菩薩となって、あの世で幸せになりましたとさ。

29

それ以来、仏教では、
旧暦の7月15日を「盂蘭盆会」とし、ご先祖を供養するようになった。

.

ちなみに、
「盆踊り」は、目連の「母親と共に救われた大勢の死者たち」が、
手をあげ喜んだ姿をみたてたもの。死者たちの喜びの舞い。


30

(おわり)

下の猫たちと、中庭の除草

2018年9月3日。

近所で、除草剤をまくのが流行っているらしい。

いたるところで、草が枯れている。

蚊が嫌だからと言っても、やりすぎのように思う。

猫や犬が、草を食べるのを知らないのだろうか?


Cimg2650

Cimg2651

そんなことも、つゆ知らず、下の猫たちが、まどろんでいる。

Cimg2651p

Cimg2652

除草剤でハゲたくぼみに、猫たちが入ってくつろいでいた。

猫は穴が好きだからね。

.

私は、青々とした草があるほうが、生命力を感じて、好きなんだけどな。

(おわり)

2018年9月10日 (月)

8月28日の子猫・ネコの仲間

子猫は、散歩中、いろいろな猫に出会いました。

1 ちび


2


3


4 シロ


5


6


7

.

くびわ、は子猫が苦手で、食が細くなりました。

まだ、食べてる途中なのに、立ち去ってしまいました。

8 くびわ


9


10


11


12


13


14 ミケと


15


16


17

子猫の話は、ここでおしまいです。 

子猫は、住宅管理セ◯ター経由で、保護団体に連れて行かれたので、
その後のことは、知ることが出来ません。

いい飼い主に出会えるよう、切に願ます。

(おわり)

2018年9月11日 (火)

ねこつぶ(おしりをどけて)

2018年8月30日。

柱の上に、しろとちび。

1


2


3

4


5


6

仲が良い2匹。

(おわり)

2018年9月12日 (水)

ねこつぶ(目立ちがり屋さん)

2018年8月11日。

階段の踊り場に、下の白とブルーの親子、そしてレイニーがお昼寝していました。

1


2


3


4


5


6


7
.

8
.

9

(おわり)

2018年9月13日 (木)

ねこつぶ(やんちゃな子)

2018年8月11日。 ※「やんちゃ」 = わがまま勝って気ままな子供

階段の下に、ブルーがいました。

1


2


3


4


5


6


7


8


9


10


11


12


13

黒子はママが大好きなあまり、甘え過ぎて、
ときたま、ブルーにうっとおしがられます。

(おわり)

2018年9月14日 (金)

ねこつぶ(はみちゃんと水おけ)

2018年4月11日。

猫たちは、見慣れぬものにおびえていました。

1


2


3


4


5


6


7


8


9


10

※実際は、水おけにはおびえていません。


(おわり)

2018年9月15日 (土)

ねこつぶ(甘えるレイニー)

2018年6月4日。

レイニーはご機嫌に、私の足に甘えてすりすり。

(この撮影時は、‘あの新参ねこが甘えてきたよ!?’なかんじ・・・だったと思う)

1_2


2_2


3_2 

シッポの先は、のの字。

4_2


5_2


6_2


7_2


最近、近所の人たちから可愛がられてるレイニー。

「買えば20万の高級猫!」とささやかれています。

ロシアンブルーとは、色味がちがいますが、
野良猫なのに、大事にされてるのはいいことです。

たくさん食べ物をもらって、すこしずつデブ化してきています。

(おわり)

2018年9月16日 (日)

スズメとの毎日

実家では、ねこの世話してるけど、
自宅では、スズメをかわいがっている。

・・・というか、エサをねだられ、与えている。.

かれこれ。20年。

縁を切りたいと思っているが、なかなかできないでいる。

.Dsc_0007

スズメは毎朝、私が起きるのを、物干しざおにとまって、おとなしく待っている。

スズメは、エサである米粒がもらえないと、
サッシのガラスにホバリングしながら体当たりしたり、
くちばしで、コツコツとガラスをたたいたり、
室内の人間に目につくようなところをうろうろしたり、
いろいろな作戦をして「ここに来てるよ」アピールしてくる。(写真が撮れないのが残念)

けなげなスズメ。

スズメは、4ヶ月くらいで、入れ替わるようだが、
引き継ぎがうまいのか、途切れることはない。

メインは一羽で、ともだちを連れてねだりに、朝5時ごろからやってくる。

多いときは8羽ほどの団体様で、
さすがに大勢来れば、ベランダがフンだらけになり、毎日、洗浄することも。

下の階にはフンは落ちてないようなので、その点はいいのだが、
洗濯ものに、落し物があったりすることがあるので、
干してる最中は、ひやひやものなのだった。

スズメは、一日に何度も来、日が暮れるとあきらめて帰る。

そんな毎日を、スズメと送っている。

Dsc_0007p

最近、ベランダに置いてある古い鉢の周囲に土が飛び散ってると思ったら、
どうやら、スズメが砂浴びをしているようなのだ。

放置してた「土だけの鉢」のどれもに砂浴びをした形跡のへこみがあり、
スズメの必死感がうかがえる。

しょうがないので、土をわざわざふるいにかけてサラサラにしてあげた。

近くにも大きな畑があるのだから、そこでやればいいのに、
なぜ、うちのプランターなのだろう?

Cimg3009 へこんでるのが砂浴びの跡

20歳の頃、買った「クチナシ」の木が、今も枯れずにある。

背の曲がったおばあさんが、台車に8鉢ほどの植木を手売りしていて、
つい同情して、相場より高額の3000円で買ってしまった代物。

母は「だまされてんだよ」というので、それ以来、意地で世話している。

が、クチナシは、毎年、虫との闘いなのだった。

クチナシの害虫オオスカシバの幼虫に葉をすべて食べられてしまうのだ。

ネットをかけて防ぐも、あぁ、今回も、くるむ時期が遅かったらしい。

ネットの中で芋虫繁殖中・・・。

Cimg1899

芋虫がいるかは、フンでわかる。

Cimg1902

幼虫は、お尻にと突起がある緑のイモムシの姿。

Cimg1900

成体のオオスカシバは、私は見たこと無いが、蜂の姿した「蛾(が)」だ。

Sh_o_pvxwzbsdba9yqxu2k3tl5dokoqdq2fネットから拝借「オオスカシバ」成虫

殺虫剤を使いたくない私は、
クチナシを覆ってた網を取り外し、スズメに幼虫を食べてもらうことにした。

3日後には、芋虫はいなくなってた。(このあとすぐに、また芋虫が発生するけど)

スズメのおかげで(他の鳥かもしれないが)、芋虫は退治してもらえるが、
スズメが来るので、殺虫剤はまけないというジレンマ。

(殺虫剤は苦手だなのでそもそも使いたくないが)

関係ないけど、先日見かけた、虹。

大きくて虹の内側が光っている。

2枚の写真をつなげたから開きの本みたいになっちゃった。

今度からは、パノラマモードで撮ろう。

すぐに消えると知ってるから、あわてちゃうんだよね。

Niji

(おわり)

2018年9月17日 (月)

ねこつぶ(ひとりその先へ)

2018年2月8日。

はみちゃんが、こちらに向かって走ってきます。

他の家族はベンチにひとかたまりで、うずくまっています。

1


2


3


4


5


6


はみだし子ちゃんの写真はこれで、おしまい。

はみちゃんは、2018年4月22日に交通事故で死亡。

家族の中で、ただひとり、先に天国へ。

生後11か月でした。

これらの写真は、そのことを連想させるものだったので、
イメージそのまま、セリフをあてられてよかったです。

蛇足:

「超ムーの世界」(#8)という番組で、先月、あの世(中間世)のことについて話していました。
「生まれる前」は、雲の上に、大勢の赤ちゃんたちと共に、下界を見下ろし、
「あのお母さんのもとで育ちたい」と決まると、お腹の中へ降りて行く。

「三途の川の向こう側の親族」は、老人だったり、死んだ時より若かったり。

とすると、死んだら、あの世では、どんどん若返り、
赤ちゃんにたどりつくと、生まれ変われるようになる。

長生きした者は、生まれ変わるまで時間がかかり、
早く死んだものは、はやく生まれ変われる。

・・のではないか、と。

はみちゃんは、もう生まれ変わっただろうか?

今度こそ、家族から愛される人生に・・・。

(おわり)

2018年9月18日 (火)

はみちゃん亡き、その後

今さらだけど、
はみちゃんが亡くなった後の、ねこ家族の様子。

はみちゃんが、亡くなった後、しばらくは、
みんな悲しみにくれてるようでしたが、
半月もすると、気持ちが落ち着いてきたようでした。

.

はみちゃんが、使っていた、缶の寝床は、他の猫たちも使うようになりました。

よほど、寝心地いいようで、毎日誰かは、入っています。

1


2

別の日、

3


4

さらに、別の日、

1


2


3

はみちゃんの死後、いつのまにか風来坊のレイニーと仲良くなった。

寂しいもの同志、気が合ったのかも。

はみちゃんが亡くなったせいか、家族の団結が強まったようでした。

一時期、行動がバラバラだったものの、
一緒にいることが前より多くなりました。

5


6

ある日、
はみちゃんが、よく、ひとりぼっちでうずくまってた場所に、
白い猫がいるのが、遠くから見えました。

7

そこにいたのは、
はみちゃんを、一番気づかっていた、ばぁちゃん猫の「下の白」でした。

8

ふだん、こんな場所にいたことないのに、
はみちゃんを思い出してたのかもしれません。

9


10
.

11p


12

はみちゃんの話は、これでおしまいです。

記憶が薄れる前に、まとめられてよかったです。

(おわり)

2018年9月19日 (水)

ねこつぶ(虫捕りの舞(1)

2018年9月11日。

ブルーママが、子どもに、虫捕りを指南していました。

1


2


3


4


5


6
.

7
.

8


9


10

「虫捕りの舞」とは?

(つづく)

2018年9月20日 (木)

ねこつぶ(虫捕りの舞(2)

ブルーは、自分の子供らに、
「人目を気にせず、『虫捕りの舞』をするところ」を、見せてあげることにしました。

1_2


2_2


3_2


4_2


5_2


6_2


7_2


8_2


9_2


10_2


11
※「庖丁式(ほうちょうしき)」
鯉などの魚を、手で触らず、箸や包丁だけで切る儀式。無駄と思える動作が多い。

12


13


14

バッタは食べられなかったみたいです。

(おわり)

2018年9月21日 (金)

ねこつぶ(このニオイは?)

2018年7月30日。

階段の踊り場に、レイニーが寝ていました。

1


2


3


4


5


6

ちょっと、ふざけてみたレイニーでした。

(おわり)

2018年9月22日 (土)

電話にそんな機能が?

独り暮らしの母のところに、ひんぱんにリサイクルの業者から電話がかかってくる。

そのたびに母は、「売るものは無い」と言っているが、相手はあきらめない。

というのも、
母は、売るものがない理由を、あれこれと並べ立て、
うれしそうに、10分以上おしゃべりをするからだ。

相手は、「家に行きたい」と言う。

母は、「来なくていいよ」と答えるが、住所がわかるようなことを、母はしゃべってしまっている。

相手の素性がわからないというのに、ものすごく危険だ。

ここ数年の殺人事件で、
「一人暮らしの老人宅に、強盗数人が押し入りお金を盗み、殺す」というのをよく聞くのに、
母は、自分がそうなるかもしれないとは思わないようだ。

母が無事でも、相手の怒りの矛先が猫に向かわないともかぎらないのに。

母が、他人好きなのは、自分の身の上話をイチから話せるからだ。

だから、リサイクル業者からの一回目の電話の時に、
「来ていいよ」と、番地まで教えてしまっていた。

相手は、メモしなかったのか、「来ていいok待ち」なのか、
その後も、たびたび電話してくるのだった。

ほんとに売るものはなにのに、相手はしつこい。

「使い古しの皿でもいい」だなんて、うさんくさすぎる。

.

3日前、私が目撃しただけで4回目のリサイクル業者からの電話に、
母は、ごきげんでおしゃべりしていた。

またしても母は、場所がわかるようなことを口走っている。

なので、急いで、固定電話の受話器を置く場所のフックを指で押した。

5秒くらい押し、手を放したら、母が、
「ごめんね~、娘が怒ってて~(笑)」と受話器を耳にしたまま話してるじゃないか!

通話が切れていない!

フックを押しても切れないなら、どうしたらいいのか?

パニックになりながら、番号のところをダンダンと叩いたが、
母は、ニヤニヤしながら、電話をやめようとしないのだった。

しかたなく母の頭をペシッと一回叩いたら、ようやく受話器を置いてくれた。

母は、つまんないといったようにぷいっとその場を去り、
私が「殺されても知らないよ!」と必死で訴えても、母は「はい、はい」と、
聞く耳もたないのだった。

イライラする。

.

どうやら、電話というのは、
相手からかかってきた場合、相手が切らない限り、通話は続いてる」らしい。

また、

指でフックを押しても、2秒以下だと、「保留状態」で、
「転送番号」を押さないと、「着信ベル」が鳴るのだそうだ。

昔、しつこいセールスの電話に、
指でフックを押して切ったつもりが、
受話器を置いた瞬間にベルが鳴って、
切ったはずの相手が出て「どうしたの?」と声が聞こえたときには、
ほんと、度胆を抜かれた。

だから、電話って苦手だし、嫌いなのだ。

(おわり)

ねこつぶ(箱直しに興味(1)

冬に向けて、
ゆがんで使いづらくなった下の白一家の寝箱を、修復することにしました。

1

めずらしく涼しかった9月6日、木曜日。

造り直すのに、一回、ばらします。

2


3


4


5


6

おばぁちゃんの下の白は、動ぜず。

7

やっぱり、食べ物は、気になっちゃうよね。

8


9

自分たちの寝床とわかってるのかどうか。

ひとつずつ匂いをかいで調べていました。


(つづく)

2018年9月23日 (日)

ねこつぶ(箱直しに興味(2)

下の白の寝箱を、地面に広げて修復中。

ブルーの子、ちょんもやってきました。

10

みんなで、箱をかいでまわります。

11


12


13


14

修復は、組み立て直しただけのことなので、
保温シートがやぶれてゆがんでるけど、
とりあえず完了しました。

15

修復後に、てんもやってきました。

残骸を見て、不思議がっています。

16


17


18

みんなうれしそうです。


(おわり)

2018年9月24日 (月)

猫にいろいろ金がかかる…

◇ 「ちびの歯周病治療」 ◇

ちびは、今年3月に歯周病を直すため全部の歯を抜いたが、
先月、よだれをたらし続けているので、
病院でみてもらうと、
歯肉炎が治ってなかったことが判明した。

エイズでも白血病でもないのに、
歯ぐきやのどの周囲がぶくぶくに赤黒く腫れた状態のまま。

口が痛くて食事が出来ないちびのために、
強烈な注射を打ち、
「こん後は、毎日シロップ薬をやりつづけなければならない」と、
そのとき、言われたのだった。

.

注射の効果が切れる今週に、シロップ薬を取りに来るよう言われてたのだが、
内心、行きたくなかった。

「毎日---」を言われた瞬間に、「高額治療」が頭をよぎるとともに、
えたいのしれない、不安が押し寄せてきたからだ。

いま現在、ちびは元気にもりもり食べてるし、
薬は、とりあえず今はいいんじゃないかと思ってしまう。

素人判断は危険だが、‘ちびへの薬投与は一生?’

けれども、
医者の言う通りにしないと、
今後、何かの時に、門前払いをくらってしまう心配もあるから、
従わないわけにもいかなかった。

シロップ薬の金額は、いくらだろう?

なんか高額な予感がした。

1


2


3

私が、動物病院のドアを開けると同時に、
受付の女子は、「はい、これ」と、シロップ薬をレジカウンターに置いた。

私は、「ちびは食欲旺盛で、ちゃんと食べられる」とか、
「(野良猫なので)捕まえることができない」と言ったが、
「今は、注射の効き目が残ってるだけ」「薬は、一日一回」と、
その女性は言うだけだった。

そして、「使い方を教えます」といって彼女は箱を開けだした。

医師もやって来て、なんと薬のキャップまでも開けたのだった。

もう「いらない」といえる状態じゃなかった。

しぶしぶ購入することにしたが、
レジに打ちこまれた金額を見たら、なんと、

3600円 × 消費税 = 3880円!!

たったひとつで、そんなにsign02

これを毎月、ちびが死ぬまで??

4

私、無収入なのに・・・。

震える思いで帰宅した。

そもそも、ちびは、最近では、まれに体を触らせてくれるものの、
それは「お出迎えのあいさつ」の時だけであって、
他の時間帯では、全然、ボディタッチは無理なのに、どうしよう。

使わずに、終わっちゃうかも・・・。

この先、色々、不安。

(ネット情報では、この薬は、副作用として腎臓が悪くなるらしい)

.

◇ 「下の白の鼻炎」 ◇

野良猫の「下の白」が、このところ、不調そうなので、
くすりをやることにした。

本来は、我が家の管轄ではないのだが、
他の人がやらないので、私がやるしかない・・・。

下の白は、長年の鼻炎が悪化して、鼻が詰まり、
水を飲むのも、たえだえで、苦しそうなのだった。

5


6


7 8日分、2160円。一粒、猫砂サイズ。


8 実際の下の白は目ヤニで目の周りが汚い。

下の白は、体を触らせてくれる猫ではないので、
錠剤だと、えさに混ぜれば投与することができるので、ラク。

( 8日分飲ませたけど、あまり変わりばえなし )

マダニも、ひどかったので、フロントライン(1300円くらい)も、さした。

.

めんどうみてる猫は、飼い猫あわせて10匹。

エサは、毎月、6000円くらいかかってる気がする。

それに加え、病気の時は、治療費がかさむ。

みんな不妊させてるから、
他からやって来ない限り、もう増えないはずだけど・・・。

私は補佐の補佐の補佐なのに、めんどうみてる人がさぼるので、
いつのまにか、私が、メインになってしまっていて、もう大変。

みんなも責任もって、ちゃんと世話してほしいと切に思う。

(おわり)

2018年9月25日 (火)

ねこつぶ(エサの取り合い)

2018年9月18日。

ブルーと黒子が、ひとつの皿の上のエサを仲良く食べていました。

1


2


3


4


5


6


7


8


9


10


11


12


(おわり)

2018年9月26日 (水)

ねこつぶ(怒られるよ)

2018年8月29日。

ブルーと下の白が、車のところで、休憩していました。

1_2

2

3

4

5_2

6

7

8

ふだん、車の上には乗らないんだけど、
他の人に見られなくてよかった。

(おわり)

2018年9月27日 (木)

ねこつぶ(ミケの妄想)

2018年9月17日。

くびわのそばに、なぜかミケがいました。

じっと、くびわを見つめています。

1

2

3

4

(おわり)

2018年9月28日 (金)

ねこつぶ(しゃんとして!)

1_2

2

3

4

5

6

7

8

9

10
2018年5月25日の光景。

クロームに変更したら、投稿の仕方も変わってしまった。
写真をと移動しようとすると消えてしまうし、
写真挿入も連続でやろうとすると入ってなかったり、
・・・やりづらい。
(おわり)

2018年9月29日 (土)

ねこつぶ(目がかゆい理由)

2018年7月23日。

柱の上に、シロがいました。
1

2

3

4

5

6

7


(おわり)

2018年9月30日 (日)

ねこつぶ(色白、小麦肌、黒?)

2017年5月8日。

ちびとシロがひなたにいました。

(最近は、ちびは寝てばかりだけど、このころは、まだ出歩く元気がありました)

1


2


3


4


5


6


7


8


9


10


11

うまくいかないね。

(おわり)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »