フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 8月30日の子猫・ちびと | トップページ | 下の猫たちと、中庭の除草 »

2018年9月 9日 (日)

メモ:「神棚と仏壇の違い」

TBS番組 「この差って何☆」 (7月のお盆と8月のお盆の差) 2018年8月14日放送から

◆ 「仏壇」 

・「仏壇が下に置かれてる理由」

1

仏壇は、お寺のミニチュア版。

お坊さんは、必ず、座って拝む。
仏教で最も丁寧な礼拝(らいはい)方法のひとつである「五体投地(ごたいとうち)」を、
するから。downwardleft

2 手のひらを上に、頭、ひじ、ひざをつける

・「仏壇の置き場所と向き」

仏壇は、極楽浄土があるという西に置き、正面を東に向ける。
こうすることで、極楽浄土がある西に向いて拝むことになる。

7

・「まつっているもの」

浄土宗は、阿弥陀如来。

4

曹洞宗は、釈迦牟尼仏。

5

真言宗は、大日如来。

6

※位牌は、中央ではなく、
一段さがった場所に置くこと。

・「お供え物」

・炊いたご飯 
・水
・線香 (香りも召し上がる)

・花
・ろうそく (空間をおごそかにする)

3

.

◆ 「神棚」 ◆

・「神棚が高い場所にある理由」

8

神様は、人間よりも位が高いので、
人間の頭よりも上にまつるのが礼儀。

立っておがむので天井近くの位置になる。

・「神棚の上に階がある場合(2階建て以上の建物)」

神棚の上に、「雲」「天」「空」などの漢字一字を書き、
「この上には何もありません」とさせる。

9

・「神棚の置き場所と向き」

「北側に置き、正面を南に向ける」 →陽の光を受ける時間が長い

「西側に置き、正面を東に向ける」 →その日の最初の光を受けることができる

10

・「まつっているもの」

一番位の高い神様である、天照大御神。

神棚は、伊勢神宮でただいたお札をまつる為のもの。

11

・お札の置き方

12

向かって右に、地元の氏神様。
中央に、天照大御神。
左に、自分のお願い事をした神様のお札(何枚納めでもOK)。

13

祀ったお札は初詣の時に、神社におさめる。

・ 「お供え物」

・生の米
・水
・塩

生きるうえで、最低限必要なもの。
人間の手の入ってない自然の恵みを神様にお返しする

・お酒

お酒は、神様を喜ばせる神聖な飲み物。

14

供え物は、毎日新しくすること。

.

◆ 「8月と7月のお盆がある理由」 

関東では、ほとんどが、8月のお盆(赤い地域downwardleft

15

7月がお盆の地域は、
東京の上半分、埼玉県の一部、神奈川県の一部。downwardleft(青い部分)

16

・「お盆の始まり」

お盆は、奈良時代、宗教とともに、日本に伝わってきた。

お盆は、ご先祖様を供養する仏事。

お釈迦様の言い伝えが書かれてる、「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」には、
7月15日にするようにと書かれている。

17

ところが、明治時代、海外の文化が入って来て、暦が変わってしまった。

旧歴と新暦では、一ヶ月もずれてしまうことに。

18

明治政府は、「行事の日程は、新暦でも旧暦と同じ日付で行う事」と発令したが、
新暦の7月15日は、旧暦の6月で、農作業がまだ忙しく、大事な時期でもあったため、

19

農村地域では、農作業が一段落した8月15日(旧暦の7月15日)にお盆を行った。

✿~~~~~~✿~~~~~~✿~~~~~~✿~~~~~~✿

◆ 「お盆のはじまり」 ◆

NHK「チコちゃんに叱られる!夏休み拡大版」 2018年8月17日放送から

「お盆」とは、「盂蘭盆(うらぼん)」を略したもので、
盂蘭盆(うらぼん)」は、
サンスクリットの「ウランバナ(逆さづり)」に漢字を当てはめたもの。

21

「盂蘭盆」=「盂蘭盆経」

「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」というのは、
お釈迦様とのエピソードをまとめた本で、、
お盆の始まりが書かれてある。

20

・お盆の、ことの始まり。

昔むかし、お釈迦様の弟子に、優秀な目連(もくれん)という者がいた。

ある日、亡くなった母に会いたくなり、
極楽浄土をのぞいても、母の姿はなく、
どこをさがしても、見つけることが出来なかった。

22

おそるおそる、暗闇をのぞくと、
母親が、地獄のようなところで、逆さつりされているではないか!

23

お釈迦様が現れ、
「目連よ、母親を助けたければ、僧侶たちの修行が終わる旧暦7月15日に、
たくさん食べ物をお供えして、お経を読んでもらいなさい。
そうすれば、お前の母親は、地獄の苦しみから救われるでしょう」
という。

24


25

目連は、その通りにしたところ、

26


27

母親の足からひもがはずれ、

28

母親は、菩薩となって、あの世で幸せになりましたとさ。

29

それ以来、仏教では、
旧暦の7月15日を「盂蘭盆会」とし、ご先祖を供養するようになった。

.

ちなみに、
「盆踊り」は、目連の「母親と共に救われた大勢の死者たち」が、
手をあげ喜んだ姿をみたてたもの。死者たちの喜びの舞い。


30

(おわり)

« 8月30日の子猫・ちびと | トップページ | 下の猫たちと、中庭の除草 »

本と映画とテレビと」カテゴリの記事