フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「✿となりの下の白一家」の459件の記事

ねこつぶ「猫の下の白家族」特集

2018年9月26日 (水)

ねこつぶ(怒られるよ)

2018年8月29日。

ブルーと下の白が、車のところで、休憩していました。

1_2

2

3

4

5_2

6

7

8

ふだん、車の上には乗らないんだけど、
他の人に見られなくてよかった。

(おわり)

2018年9月25日 (火)

ねこつぶ(エサの取り合い)

2018年9月18日。

ブルーと黒子が、ひとつの皿の上のエサを仲良く食べていました。

1


2


3


4


5


6


7


8


9


10


11


12


(おわり)

2018年9月23日 (日)

ねこつぶ(箱直しに興味(2)

下の白の寝箱を、地面に広げて修復中。

ブルーの子、ちょんもやってきました。

10

みんなで、箱をかいでまわります。

11


12


13


14

修復は、組み立て直しただけのことなので、
保温シートがやぶれてゆがんでるけど、
とりあえず完了しました。

15

修復後に、てんもやってきました。

残骸を見て、不思議がっています。

16


17


18

みんなうれしそうです。


(おわり)

2018年9月22日 (土)

ねこつぶ(箱直しに興味(1)

冬に向けて、
ゆがんで使いづらくなった下の白一家の寝箱を、修復することにしました。

1

めずらしく涼しかった9月6日、木曜日。

造り直すのに、一回、ばらします。

2


3


4


5


6

おばぁちゃんの下の白は、動ぜず。

7

やっぱり、食べ物は、気になっちゃうよね。

8


9

自分たちの寝床とわかってるのかどうか。

ひとつずつ匂いをかいで調べていました。


(つづく)

2018年9月20日 (木)

ねこつぶ(虫捕りの舞(2)

ブルーは、自分の子供らに、
「人目を気にせず、『虫捕りの舞』をするところ」を、見せてあげることにしました。

1_2


2_2


3_2


4_2


5_2


6_2


7_2


8_2


9_2


10_2


11
※「庖丁式(ほうちょうしき)」
鯉などの魚を、手で触らず、箸や包丁だけで切る儀式。無駄と思える動作が多い。

12


13


14

バッタは食べられなかったみたいです。

(おわり)

2018年9月19日 (水)

ねこつぶ(虫捕りの舞(1)

2018年9月11日。

ブルーママが、子どもに、虫捕りを指南していました。

1


2


3


4


5


6
.

7
.

8


9


10

「虫捕りの舞」とは?

(つづく)

2018年9月18日 (火)

はみちゃん亡き、その後

今さらだけど、
はみちゃんが亡くなった後の、ねこ家族の様子。

はみちゃんが、亡くなった後、しばらくは、
みんな悲しみにくれてるようでしたが、
半月もすると、気持ちが落ち着いてきたようでした。

.

はみちゃんが、使っていた、缶の寝床は、他の猫たちも使うようになりました。

よほど、寝心地いいようで、毎日誰かは、入っています。

1


2

別の日、

3


4

さらに、別の日、

1


2


3

はみちゃんの死後、いつのまにか風来坊のレイニーと仲良くなった。

寂しいもの同志、気が合ったのかも。

はみちゃんが亡くなったせいか、家族の団結が強まったようでした。

一時期、行動がバラバラだったものの、
一緒にいることが前より多くなりました。

5


6

ある日、
はみちゃんが、よく、ひとりぼっちでうずくまってた場所に、
白い猫がいるのが、遠くから見えました。

7

そこにいたのは、
はみちゃんを、一番気づかっていた、ばぁちゃん猫の「下の白」でした。

8

ふだん、こんな場所にいたことないのに、
はみちゃんを思い出してたのかもしれません。

9


10
.

11p


12

はみちゃんの話は、これでおしまいです。

記憶が薄れる前に、まとめられてよかったです。

(おわり)

2018年9月17日 (月)

ねこつぶ(ひとりその先へ)

2018年2月8日。

はみちゃんが、こちらに向かって走ってきます。

他の家族はベンチにひとかたまりで、うずくまっています。

1


2


3


4


5


6


はみだし子ちゃんの写真はこれで、おしまい。

はみちゃんは、2018年4月22日に交通事故で死亡。

家族の中で、ただひとり、先に天国へ。

生後11か月でした。

これらの写真は、そのことを連想させるものだったので、
イメージそのまま、セリフをあてられてよかったです。

蛇足:

「超ムーの世界」(#8)という番組で、先月、あの世(中間世)のことについて話していました。
「生まれる前」は、雲の上に、大勢の赤ちゃんたちと共に、下界を見下ろし、
「あのお母さんのもとで育ちたい」と決まると、お腹の中へ降りて行く。

「三途の川の向こう側の親族」は、老人だったり、死んだ時より若かったり。

とすると、死んだら、あの世では、どんどん若返り、
赤ちゃんにたどりつくと、生まれ変われるようになる。

長生きした者は、生まれ変わるまで時間がかかり、
早く死んだものは、はやく生まれ変われる。

・・のではないか、と。

はみちゃんは、もう生まれ変わっただろうか?

今度こそ、家族から愛される人生に・・・。

(おわり)

2018年9月14日 (金)

ねこつぶ(はみちゃんと水おけ)

2018年4月11日。

猫たちは、見慣れぬものにおびえていました。

1


2


3


4


5


6


7


8


9


10

※実際は、水おけにはおびえていません。


(おわり)

2018年9月12日 (水)

ねこつぶ(目立ちがり屋さん)

2018年8月11日。

階段の踊り場に、下の白とブルーの親子、そしてレイニーがお昼寝していました。

1


2


3


4


5


6


7
.

8
.

9

(おわり)

より以前の記事一覧